2005年11月18日

誰が悪いのか

一級建築士ともあろう者が、
構造計算書を偽造したらどういうことになるかぐらい、
想像もつかなかったわけがないのだが・・・。

讀賣新聞記事/
毎日新聞記事/

それにしても、腹が立つと言うより何より、
いろいろな意味で呆れてしまう

記事をいろいろと読んでみると、
偽造の手口はどうやらきわめて稚拙だったらしい。
つまり、しっかりと検査・確認をしていれば
すぐに見破れる類の手法しか取っていなかった
らしいのである。
であるにもかかわらず、手口が巧妙だった」などと言って
それを見抜けなかった、検査に関わった業者がいることに呆れる


また、業者が施工段階などでも気づくはずだという指摘もある
しかし、気づかない(ふりをした?)まま、多くの建物が施工され、
供用を開始されていたというのである。

要するに、人的被害が発生する可能性を理解していながら
理由はどうであれ構造計算書を偽造した建築士
と、
そのあまりにも稚拙だとされる偽造さえ見破れなかった
(のか、わざとパスさせたのかはわからないが)
検査業者の双方に問題があると思われる。

更に言えば、この建築士が言っているように、
暗に(あるいは表立って)コストダウンのプレッシャーを与えたであろう
マンションオーナーや元請けの設計会社などにも
責任の一端はある
と考えて良いし、
施工段階でさえもそれを見逃した(であろう)建築業者にも
同じように責任の一端はある
と考えられる。

そんな設計の元で建てられたマンションの住人たちや
ホテルの経営者などは、困惑や怒りでいっぱいであろう
その気持ちは重々理解できる

まったく、ふざけた話だ
とにかく厳しい対処を国交省には望みたい
安全な住環境も提供できないような連中に
このような仕事を任せて良いわけがない
posted by KAZZ at 20:11 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内事件・社会

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。