2005年11月28日

悪いものは悪い

民主党の西村真悟衆議院議員と言えば、
民主党議員らしからぬ(?)異色の議員として有名だが、
その西村議員が、弁護士法違反を犯したとのことで逮捕された

端的に言えば、
弁護士資格を持たない元事務員に弁護士の名義を貸したことと、
(その元事務員も弁護士法違反容疑で既に逮捕されている)
それによって多額の資金を得ていたことの2点が問題だそうだ。

民主党は西村議員側から提出された離党届を受理せず、
除籍処分に処す
と共に議員辞職も求めるそうだ。
当然の如く、他の政党からも西村議員の議員辞職を求める声が出ている
悪いものは悪いのだから、これはもう致し方がない。

本人も容疑を認めている以上、如何に議員活動を続けたいと希望しても
現状ではとてもではないが議員活動など継続できないだろう。
取り調べに応じたのと同じぐらい素直に議員辞職した方が良い

ただ一点、残念なのは、西村議員が拉致議連の幹事長であるということ
以前から拉致問題に積極的に行動をしてきた議員だけに、
今回の一件はその意味でも非常に残念なことだと言わざるを得ない。
被害者家族の皆さんも困惑を隠せない御様子だ。

何にしても、やったことが悪いのは紛れもない事実であり、
それに対してはキチンと罪を償わなければならない
残念なことではあるが、それが世の理というものだ。
西村議員に法律家としての良心があるならば、
速やかに議員の職を辞すると共に自らの責を明確にしてもらいたい
posted by KAZZ at 19:28 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(2) | 国内政治(政治家)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。