2005年11月30日

もう、何とも言いようが・・・

「姉歯偽造で隠蔽」イーホームズ社長証言 参考人招致(産経新聞)

昨日、ニュースで参考人招致の模様をチラッと見ていたが、
もう何とも言いようがない。敢えて言うならば、

「こいつら、バカか?」

ってところだろうか。

自己弁護と責任転嫁のオンパレード
どこぞの社長は不規則発言で注意まで喰らう始末。

見ていて怒りを通り越して哀しくなる光景であった
こんな連中がいること自体、どうにも信じ難い。
しかし、これは紛れもなく現実である。

この参考人招致の数日前には、
こんな連中を擁護しようとする阿呆まで現れる始末。
(その後、他者身内からの批判を受けて方針転換をしたが・・・)

世の中、何かがおかしいとしか思えない。
日本はいったいいつからこんな国になったのか
うまく説明できないが、今の日本社会が抱える根本的な歪みが
このような形で浮上してきた
ような気がしてならない。

また、これを単に民間と役所の問題だけに留めてはいけない。
政治にも少なからず責任は存在する
ことに、今回の問題に際して国土交通省だけでなく、
政府自身の初動が遅れた印象は免れられず、
それが問題を大きくした一因とも考えられよう。

改革を唱えて競うのも結構だが、
まず日本が如何なる病理を抱えているか
しっかり洗い出してこその改革
ではないのか。

とにかく、一刻も早い解決を願うと共に、
より厳正で確実な建築確認体制への移行が求められる

けれども、今の状況でそれは本当に達成できるのか?
どうにも疑問だ
posted by KAZZ at 20:12 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内事件・社会

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。