2005年12月29日

独断と偏見で選ぶ2005年10大ニュース

というわけで、今年最後の更新は表題のようなテーマでやってみる。
あくまでも私の「独断と偏見」によって選出したものであることを
くれぐれも御了承いただきたい。
なお、一応順位がついているが、便宜的なものであり、
基本的には順不同で10点挙げたものと思っていただきたい。

第1位:衆院選で自由民主党大圧勝

 昨今の日本は政治が「ごっこ遊び」化しているような気がして仕方がないのだが、それを端的且つ如実に表した現象が、9月の衆院選ではなかったか。
 マスコミは自由民主党を中心にその動向を追いかけ、「刺客vs守旧派」の構図を作りたがっていた小泉を見事なまでにアシストしてみせ、そして自由民主党が「思惑通り(?)」圧勝すると、はしゃぎたいところを抑えてみたりする。

第2位:逆に民主党が没落

 そもそも戦略も定見もないこの政党が「政権与党」などになれるわけがないと思っていたら、案の定、衆院選で没落してしまった。何がいけなかったのか。
 最大の問題は、未だに「鳩菅(たまに横路)」の遺産を食い潰していれば何とかなるだろうと党全体が思い込んでいる呑気さ加減にあるような気がする。そんなことだからいつまで経っても政権に就けるわけがない。
 今回の没落を期に、執行部はとりあえず若返ったようなことになっているが、相変わらず鳩山が幹事長などというポジションに鎮座しているところを見ると、本質的にこの政党は変わることを拒否しているのではないかと思ってしまう。

第3位:小泉チルドレン、跋扈する

 日本の政治的な人材の貧困を感じると共に、かつての社会党「マドンナブーム」にも似た空虚な喧噪だけが一方的に通過しているような気もする。
 こんなものが小泉純一郎が標榜する「自由民主党の変革」の象徴なのだとすると、どうやら我々国民はとんでもないスカをつかまされたのではないかという気がしてならない。

第4位:辻元清美、国政に復帰

 程度としては小泉チルドレンと何ら変わりがなく、下手をすればそれらよりもレベルが劣ると思われる、このような御仁が国政の場にいること自体、日本の政治的な人材の貧困は加速していると思っていいのかもしれない。
 私も含めた日本人は、こうした不幸をもっと真剣に克服する努力をしなければならない。

第5位:福知山線・羽越本線で脱線事故

 前者は典型的人災、後者は幾つかの複合的な要因が重なった末の事故であるような気がする。罹災した人の数は違うけれど、そのような数字で比較できないほど両者の意味はそれぞれに重い。
 鉄道事故が極力減少するように、鉄道会社は努力をしてもらわなければ。

第6位:耐震偽装問題

 日本の産業界はこういうクソッタレの集まりによって成り立っているらしいことを知ると、何だか情けなくなってくる。しかも、御丁寧にこれらを擁護する政治家まで出てくる始末。何が彼らをそうさせているのか知らないが、つくづく日本の社会はこうした「民主主義」とは対極の人間たちによって動かされているのだと感じてしまう。

第7位:株屋の跋扈

 言うまでもなく村上ファンドのことを指すわけだが、この妙なギラギラ感だけが突出したような萩本欽一似の通産省OBは、いったい何を目指そうとしているのか。

第8位:ホリエモン、三木谷狂騒曲

 日本のベンチャー企業家が一概にこいつらと同一だとは思わないが、堀江や三木谷は何故こうも幼稚に見えてしまうのだろう。膨脹することこそが彼らの第一義であり、それ以外のことに何ら価値を見出そうとしない「膨脹至上主義」だけが突出しているためか、企業家として他に取り柄がないようにしか見えない。

第9位:中韓の対日感情が悪化?

 こういう問題でアホみたいに騒いでみせるのも結構だが、そもそも相互理解の精神を徹底的に無視しているのは他ならぬ中国や韓国であることに目を向けなければなるまい。
 日本に悪い点が全くないとは言わないが、中国や韓国にも悪い点はそれ相応にあり、それらにももっと目を向けなければならないところを、そうした点にはまるで目を向けようとしない日本のマスコミや言論に、少々疑問を覚えざるを得ない。

第10位:田中康夫、百条委員会にかけられる

 まあ、こんなのが知事になっても百害あって一利なしということで。未だにタレント(若しくはそのような立場にある者)をこのような選挙に擁立しようなどと思っている連中がいるようだが、そうした連中には「バカも休み休み言え」とだけ言っておく。

次点:鳥取県人権保護条例/女系天皇容認

 どちらの事項にも言えることだが、言葉の表層的な印象とその安易さに走るあまり、肝心のことを置き去りにしたまま、「まず結論ありき」でそれぞれの事項が進んでしまっているように思える。
 どちらにしても議論があまりに行われておらず、世論形成すらされたような形跡がないのに、結論だけが先に独り歩きしてしまうようなことになったのは、いったい何がすっ飛ばされてのことなのか。
 このような問題は、もっと議論を尽くしていかないと、より良い道は見えてこないのではないか。これらの問題に限らず、最近、プロセスをすっ飛ばしてゴールだけを殊更に強調することが美徳であるが如き風潮が見て取れる。
 多種多様なプロセスがあってこそのゴールであるということを、もっと意識しなければ。


・・・まあ、こんな感じでまとめてみた。

今年もいろいろなことがあったが、
来年は平穏無事な1年であることを切に祈りたい

なお、来年の最初の更新は1月6日を予定している。

それでは皆さん、良いお年を。
posted by KAZZ at 00:03 | 島根 ☔ | Comment(1) | TrackBack(1) | 国内事件・社会

2005年12月25日

出雲号とその他の写真を撮りに行ってみました

Xmas(何処が?)特別企画であります。



世間はクリスマスだというのに(しかも今、M−1GP真っ最中)、
本日はJR出雲市駅に写真を撮りに行ってきました。
お目当ては廃止が正式に決まった「出雲」号・・・

・・・のはずだったんですが、他の写真もいっぱい撮ったので
併せて御紹介してみましょう。
なお、カメラはOLYMPUS SP-500UZで、
レンズは本体のものをそのまま利用しています。

続きを読む
posted by KAZZ at 19:45 | 島根 ☀ | Comment(1) | TrackBack(1) | 写真

2005年12月22日

大仁田知事だと?バカにすんな

長崎県の方では、来年2月に行われる予定の県知事選を巡って
何か冗談のようなことが起きようとしているらしい
それが書いてある以下の記事を見つけたので、全文引用してみる。

大仁田参院議員が出馬検討 来年2月の長崎県知事選(共同通信/Yahoo!)

<引用開始>

 来年2月の長崎県知事選にプロレスラー出身で自民党の大仁田厚参院議員(48)が立候補を検討していることが22日、分かった。大仁田氏の関係者が同日、長崎市内で開かれた知事選の立候補予定者説明会に出席し記者団に明らかにした。
 関係者によると、県内の若手企業経営者らが「市民の手で知事をつくりたい」と、同県出身である大仁田氏に立候補を要請した大仁田氏は近く経営者らと会い、県政に対する考え方などを聞くという。
 自民党長崎県連は3選を目指す現職の金子原二郎知事(61)に既に推薦を決めていることから、大仁田氏に真意をただす考えだ。
 このほか、知事選には市民団体代表の高村暎氏(65)とインターネット関連会社「ゆびとま」役員、小久保徳子氏(47)が出馬を表明している。


<引用終了・太字部分は引用者による>

何がきっかけでこういう人選になったのか知らないが、
長崎県の若手企業経営者の皆様方には、
頼むから「これは冗談だ」と言っていただきたい


こともあろうに大仁田とはどういう了見なのか
よほど人がおらず、困窮の末のこのような人選なのだろうか。
それとも大真面目に「大仁田なら何かをやれる」と思ってのことか。
どちらでも良いのだが、これという政治的な成果も挙げられず
ただ国会の賑やかしに顔を出しているような
およそ「政治家」と呼ぶのも憚られる人物を、
如何なる見識で長崎県知事選候補者として推挙しようとしているのか、
ぜひその見識を質してみたい

まあ、記事中に「市民の手で知事をつくりたい」などという
本気なのか冗談なのかわかりにくいコメントがあるようだから、
これという大した思惑もなく、大仁田の政治的な部分への期待もなく、
ただ有名人の名前を挙げればいいだろう式の安易な選択によって
こうした人選になったであろうことは容易に想像できそうなものなのだが。
何にせよ、バカバカし過ぎて笑う気にすらならない
その程度の見識でこんな人物を担ぎ出そうとする若手経営者連中には、
長崎県民をバカにするなと言ってやるべきだ

ただ、もしもこれが本当に立候補などということになり
あまつさえ選挙に当選でもしようものならば
長崎県民は全国の笑い者になってしまう可能性が非常に高い

それが嫌ならば、こんな御仁を立候補させないか、
もし立候補したなら、投票しないことである。
posted by KAZZ at 23:41 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | 地方自治一般

2005年12月21日

だから「小泉派」なんだろ?

首相、無派閥「チルドレン」忘年会(讀賣新聞)

まあ、こういう「派閥ごっこ」に興じていられるほど
小泉には余裕があるということなのだろう。

それにしたって「無派閥」であると言っておきながら、
結局は頭目を小泉が務める派閥、言うなれば「小泉派」の集まりである。
こういう場で「無派閥」を頑なに謳う「小泉派」の矛盾
見ていて腹が立つと言うより、情けなくなってしまう

確かに派閥に入っていないことによって
議員活動に支障が出ることはある
かもしれないという考えがある以上、
それを党がサポートしようという理屈はわかる
それ故に「無派閥」の議員を厚遇しようということなのだろうが、
これではまるで「囲い込み」であり、その行為は即ち
派閥の結成」と見られても仕方がない行為である。

何にしても、この「小泉派」がどういう展開を見せるのか、
あまり注目するのもどうかと思うけれども・・・。
posted by KAZZ at 20:31 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(3) | 国内政治(政党)

2005年12月19日

寝台特急「出雲」の思い出

本日はいつもとちょっと趣向を変えてみたい。

寝台特急「出雲に初めて乗ったのは、
今から18年ぐらい前、大学受験の帰りだったと記憶している。
乗ったのはB寝台。朝の宍道湖の光景はとても気持ちが良かった。

私はどうもあの「新幹線」というのが嫌いで、
帰省の際には在来線を中心に利用した。
今で言う「ムーンライトながら」にあたる列車も利用したが、
やはり「出雲」が中心軸に据わった。

「出雲」ではA寝台個室(シングルDX)を中心に利用した。
どうしても、個室寝台に乗りたかったのである。
ただ、個室寝台はこれしか乗ったことがない。
「北陸」ではB寝台個室(ソロ)が確保できなかった。
「日本海」には元々そういうものがなかった(今はある)し、
「北斗星」は切符そのものが取れなかった。
(よって「あけぼの」に乗車。もちろん個室寝台などない)

快適性という意味では、確かにあった。
個室である。自分しかいない。
周りを何一つ気にしなくても良い。
その開放感がたまらなく嬉しかった。

シングルDXの1号車には車掌室もあり、
私は車掌さんにスタンプをもらいに行ったことが何度かある。
その時スタンプをもらった手帳は、今も大事に保管してある。

車体の塗色が「あさかぜ」と同一だった1・4号(24系25形)は
私にとって最もお気に入りの列車だった。
食堂車(現在はフリースペース)に入ると、
ムードのある内装(星座模様が壁面にしつらえてあった)で
とても落ち着いたイメージを醸し出していた。
車内の公衆電話から家に電話したこともある。
聞き取りづらかったが、今となってはいい思い出だ。

下りの1号に乗っていて、餘部の鉄橋付近で目覚めたら
強風のために列車が止まっていたなんてこともあったし、
上り4号(2号だったかもしれない)に乗っていた初秋には
台風か何かの直撃を喰らって、品川で降ろされたような記憶もある。
ともかく、何もかもが思い出の深い列車だった。

その「出雲」に、「さくら」や「あさかぜ」、「彗星」などと同様に
廃止の2文字が浮かび上がろうとしている。

JR社長が寝台特急「出雲」の廃止、代替策示す(山陰中央新報)
特急「出雲」廃止を検討 JR、年内にも結論(日本海新聞)

もう乗ることはなくなった列車だけれども、
こうやって「なくなるかもしれない」とわかってみると、
何か途轍もなく淋しい気がしてしまう。

今からこんな調子だと、
もし「出雲」が定期運行を外れることになる日が来たら、
私はどんな気分になってしまうのだろう


続きを読む(2005年12月22日追記)
posted by KAZZ at 19:37 | 島根 ☁ | Comment(3) | TrackBack(1) | その他の話題

2005年12月16日

証人喚問は余剰人員の活用場所ではない

自民・渡辺議員質問長すぎ(スポーツ報知)
<耐震偽造>証人喚問「追及が甘い」 自民党に抗議殺到(毎日新聞/Yahoo!)

先日あった姉歯元一級建築士他4名への証人喚問に於いて、
自由民主党は4人の議員を質問者として送り込んだのだが、
その4人が4人とも批判に晒されたという。
曰く、以下のような理由らしい。

姉歯氏にもっとしゃべらせるべきだ
なぜこの議員を質問者に選んだのか
(以上、毎日記事文中より)
「(渡辺議員は)わざと姉歯氏を助けようとしてるんじゃないか
(報知記事文中より)

姉歯元建築士への質問に立った渡辺具能議員が、
特に批判の的になっている
ようである。

まあ、それも当然といえば当然かもしれない。
何せ、40分間の持ち時間のうち、
実に30分間も自分の推理に基づく発言に費やした
という。
しかも、そんな状況にあるというのに、質問の枕詞に
時間がないので、あまりあなたにお伺いできないんですけど・・・
などと言い放ち、挙げ句喚問終了後には
私は今回、かなり重要な答えを引き出すことができたと思います
などと自己満足。抗議に対しては
証人喚問は事件を解明し、対応策に反映させるためのもの。
面白おかしく劇場風になるべきでない
」などと言い放つ始末。

自由民主党も9月の選挙で大量に当選者を出したせいなのか、
相当に余剰人員がいる
らしいが、そんな人員の活用場所として
大事な証人喚問を使うのだけは止めてもらえないだろうか

マンションなどの耐震偽装問題という非常に重要な問題を、
このように無能な余剰人員に任せて良いわけがない


自由民主党はもっと議員教育をしっかりやった方が良いだろう。
もっとも、あの執行部にそんなことができるとは思えないが
posted by KAZZ at 20:31 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(3) | 国内政治(政党)

2005年12月12日

あなた、本気で考えてますか?

このところ、子供たちをターゲットにした痛ましい事件が増えている
最近も、広島や栃木で下校中の何の罪もない子供たちが殺された。

親御さんたちの心の痛みは如何ばかりであろう
また、同じ学校や近場の学校に通う子供たちを持つ保護者たちも
同様に辛い心情を抱いているに違いない。

ただ、だからといって下を向いてばかりもいられない。
様々な対策を施して、少しでも通学路の安全を確保し、
子供の登下校を少しでも安全にしなければならない
例えば、保護者による送り迎えなどがあるだろうし、
保護者などの付き添いによる集団登下校などもある。
あるいは、スクールバスを利用した送迎なんてこともあるだろう。
いずれにせよ、何らかの手段を用いて少しでも安全性の向上を
図ろうとする努力がなされるのは当然のことだ


さて、小坂憲次文部科学大臣は、そういう対策の一環として
通学路内の危険箇所や校門などに防犯カメラを設置してはどうか、
というサジェスチョンを行っている

なるほど、それも一つの対策であろう。
実際に設置するとなると大変な話だが、一定の理解はできる。

ところが、これに噛みついた御仁がいる。

長野県知事・田中康夫である。

曰く、「カメラをつけたからといって安全が守られるわけではない。
子どもらしさも奪われかねない
」んだそうで、
更に長野県内でそのようなことをすると8億4千万もの経費がかかるとして、
「これだけの費用があれば警備員や警察官も増やすことができるかもしれない」
などと述べたらしい。

防犯カメラの存在と子供らしさの喪失に如何なる因果関係があるのか
その辺りが判然としないのだが、屁理屈というか、
反対のための反対をしてどうするのか、という気がする。
彼の論法で言えば、警備員や警察官の増員によっても
子供らしさの喪失があるかもしれない
のではないか。

こんな邪推をするのもバカらしいが、敢えて書くなら、
小坂大臣は長野県内から選出されている国会議員だが、
よもやその意味からの当てこすりをしたいだけ
なのではあるまいか。

そんなくだらない屁理屈を言う前に、
子供たちの安全確保をするために、長野県はこうします」と
なぜ言えないのだろう
閣僚の発言を批判するより先に、
長野県知事として優先してするべき発言というものがあるのに、
何故田中はそういう発言ができないのか。

きっと、子供たちの安全など本気で考えていないからであろう。

毎度毎度やるべきことの優先順位を間違えては
無意味なコメントばかりを撒き散らすような無能など
とっとと知事など辞めさせてしまった方が良い

こんなのが知事では、長野県民の安全確保も覚束ないであろう。
posted by KAZZ at 19:47 | 島根 ⛄ | Comment(3) | TrackBack(0) | 田中康夫長野県政

2005年12月09日

チェックもできないとは・・・

東証マザーズに新規上場した人材派遣業のジェイコムという会社の株式が
あり得ない数をあり得ない値段で売り注文を出されるという
前代未聞の事件が起きた。

「61万円で1株売り」のはずが、「1円で61万株売り」という
信じられない売り注文を出したばかりか、
それが通ってしまったのである。

関連した記事を、いずれも毎日新聞から拾ってみた。

ジェイコム株:単純ミスで大損失 東証「安全装置」なく
ジェイコム株:「1株1円」の誤注文で乱高下
ジェイコム株:東証が売買を終日停止
ジェイコム株:みずほ証券誤発注、みずほFGが全面支援へ
ジェイコム株:金融庁、誤発注でみずほ証券に報告命令へ

どうも記事を読むに、みずほ証券側と東証側の単純なミスが重なった末に
今回のようなあり得ない事態が起きてしまった
ようである。
発端は些細な入力ミスだったのだろうが、
処理を焦ったがために取り返しがつかなくなったのだろう。

確かに人がやることだけに、ミスはあるだろう。
しかし、株式売買のように経済に大きく影響を与える行為については
いくつものフェイルセーフがあって然り
ではないのか。
それが、愚にもつかないミスを連発というのでは話にならない。

このようなミスをチェックもできない体制とは、
いったいどういうものなのだろうか。
東証にせよ、みずほ証券にせよ、
一度抜本的にシステムの洗い直しをやった方がいいのではないか。
posted by KAZZ at 20:53 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内事件・社会

2005年12月07日

本日は休載です

本日の更新はお休みします。
posted by KAZZ at 19:03 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からの告知など

2005年12月05日

野田会派

前自由民主党衆議院議員の野田聖子が、
自身と同様に自由民主党を離党した10数名の面々と共に
新会派を結成したいということらしい。

短い記事なので、全文引用してみる。

野田聖子氏、新会派結成へ…平沼・保利氏らも参加(讀賣新聞)

<引用開始>

 自民党を離党した野田聖子・元郵政相(岐阜1区)は4日、岐阜市で開かれた自らの後援会連合会の会合で、通常国会で郵政民営化関連法案に反対し、同様に離党した十数人で保守系会派を年内に結成したいとの考えを表明した。

 後援会幹部によると、野田氏は「一人では何もできないので、保守系無所属議員が集まって勉強会などをやっていきたい」とし、平沼赳夫・元経済産業相や保利耕輔・元文相らも新会派に加わると語ったという。


<引用終了>

まあ、やりたければどうぞ、という感じだろうか。
どうせ小泉退陣後の自由民主党復党への期待感も込めての
新会派
なのだろうし、彼らがそれを組んで悪いとは思わないが、
彼らは所詮「追い出された身」なのであって、
それはつまり「自由民主党には必要なしと判断された故のことであり、
そんな彼らが果たして思惑通り自由民主党に戻れるのだろうか
にはとても無理な気がする
それなら新会派などと言わずに、新党でも結成した方が早い
その方が幾分は現実的だろう。
まあ、選択は彼らがすれば良い。外野がとやかく言うことではない。

但し、新会派にせよ新党にせよ、何となく集っていますというような
印象しか持たれないもの
であるなら、止めておいた方が良い
そういうものを結成するのなら、明確なヴィジョンを掲げて
国民に「自分たちはこういう会派政党である」と
強く印象づけておかなければならない

記事中の野田のコメントのように「1人では何もできないから
などという理由で会派なんぞ作ってもらっても
国民は誰もそんな会派に見向きもしないのである。
posted by KAZZ at 19:43 | 島根 ⛄ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(政党)

2005年12月02日

派閥解体という詭弁

9月の選挙で大量に当選した自由民主党新人議員を、
十把一絡げに「小泉チルドレン」と呼称することが多い。

その小泉チルドレン連中が、小泉の下に集結し、
小泉や武部と懇談をしたらしい。

小泉首相:「派閥参加は慎重に」 自民新人議員と懇談(毎日新聞)

要するに、来秋の総裁選挙に向けて、派閥間における
権力闘争(と称するもの)が激しくなるので、
その動向を見てから派閥への参加を決めた方が良い、
という意味のことを小泉は言いたかったらしい。

但し、この新人連中自体が好むと好まざるとに関わらず、
既に「小泉派」を構築している
ことを、
当の小泉は何も語ろうとしていない
派閥政治の解消に向けて動いているなどと言っている張本人が、
新人連中の囲い込みによる「派閥構築」の類似行為を平気で行うという
本末転倒な事態を引き起こしている
のに、だ。

続きを読む
posted by KAZZ at 20:12 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(政党)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。