2005年12月09日

チェックもできないとは・・・

東証マザーズに新規上場した人材派遣業のジェイコムという会社の株式が
あり得ない数をあり得ない値段で売り注文を出されるという
前代未聞の事件が起きた。

「61万円で1株売り」のはずが、「1円で61万株売り」という
信じられない売り注文を出したばかりか、
それが通ってしまったのである。

関連した記事を、いずれも毎日新聞から拾ってみた。

ジェイコム株:単純ミスで大損失 東証「安全装置」なく
ジェイコム株:「1株1円」の誤注文で乱高下
ジェイコム株:東証が売買を終日停止
ジェイコム株:みずほ証券誤発注、みずほFGが全面支援へ
ジェイコム株:金融庁、誤発注でみずほ証券に報告命令へ

どうも記事を読むに、みずほ証券側と東証側の単純なミスが重なった末に
今回のようなあり得ない事態が起きてしまった
ようである。
発端は些細な入力ミスだったのだろうが、
処理を焦ったがために取り返しがつかなくなったのだろう。

確かに人がやることだけに、ミスはあるだろう。
しかし、株式売買のように経済に大きく影響を与える行為については
いくつものフェイルセーフがあって然り
ではないのか。
それが、愚にもつかないミスを連発というのでは話にならない。

このようなミスをチェックもできない体制とは、
いったいどういうものなのだろうか。
東証にせよ、みずほ証券にせよ、
一度抜本的にシステムの洗い直しをやった方がいいのではないか。
posted by KAZZ at 20:53 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内事件・社会

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。