2006年01月23日

責任という言葉を知らない首相

どうやら、現在の我が国の首相は「責任」という言葉を御存知ないらしい。
こんな記事を見つけたので引用してみる。

小泉首相、堀江社長支援の責任否定=改革の「影」に反論−衆院代表質問
(Yahoo!JAPAN/時事通信社)

<引用開始>

 国会は23日午後の衆院本会議で、小泉純一郎首相の施政方針演説など政府4演説に対する代表質問がスタートした。首相はライブドアをめぐる証券取引法違反事件に関連して、自民党が昨年の衆院選で同社の堀江貴文社長を支援したことについて「党幹部が応援したことと(今回の事件)は別の問題」と述べ、野党などが主張する「道義的責任」を否定した。民主党の前原誠司代表の質問に答えた。
 前原氏は、ライブドアと耐震強度偽装の両事件を取り上げ「小泉改革で企業はマネーゲームに奔走し、モラルが失われた。現在の景気回復は虚構の上に成り立ったバブルではないか」と指摘。首相が進めた構造改革で社会格差が広がったとして、改革の「影」の部分を直視するよう求めた。
 これに対し、首相は企業の設備投資増加や失業率低下などに触れ「着実に景気回復の道を歩んでいる。統計データでは格差拡大は確認されていない」と反論。ただ、フリーターやニート、生活保護受給者の増加など、最近の動きについては「注意が必要」と述べた。


<引用終了・太字部分は引用者による>

後段の部分はさておき、問題は太字にした前段部分だ。

こちらのエントリでも述べたように、
そもそも自由民主党が勝手に堀江を応援した挙げ句、勝手に転けただけだ。
民主党も堀江に手を出しかけたものの、止めてしまった
それをして民主党を立派だの優れているだの言う気は一切ないが、
少なくともあのようないかがわしいやり方を推進する人物に
政党としてのお墨付きを与えなかったこと
についてのみ評価は可能


公認や推薦を与えなかったからと言っても
結果として選挙で応援したばかりか、
その後も親交を持っていた
というのに、
知らんぷりとはどういうことなのか

小泉に責任という意識が微塵もないからこそ、
そのような態度がとれるのだろう。

別にこの問題に限ったことではないが、
小泉にはとかく責任」を棚上げしたり、他方へ転嫁するような姿勢が目立つ
責任を巧くすり抜けようと、彼は口八丁でものを言い
気がつけば小泉は責任を取らなくてもいいというような風潮が
日本国内に蔓延し
、結果的にその風潮が選挙でも小泉を後押しし
「人気」だけが突出した首相として異様な注目を集めることになった

では、何もかも丸投げしさえすれば、あとは誰かが勝手にやる
というような小泉のやり方を是認してしまった責任は誰が取る
のか。
それは、日本国民全体が共有しなければならない
改革」なる言葉に惑わされ、踊らされたのは、我々国民である

ちなみに、堀江貴文は先程逮捕された
今後、この人物及びLivedoorという企業の方法論を
跋扈させた責任を誰がどう取るのかを
日本全体で考えなければなるまい
posted by KAZZ at 20:10 | 島根 ☁ | Comment(4) | TrackBack(1) | 国内政治(内閣・政府)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。