2006年02月24日

いっそ完全になかったことにしては?

人権救済条例:施行停止の条例案を提案 鳥取県知事(毎日新聞)

ま、当然と言えば当然の帰結なのだろう。

どうせなら、このような動きそのものを
完全になかったことにしてしまえばいい
のだろうけれども。

まだしぶとく予算をつけて云々みたいなことをやっているが、
条例そのものに拒否反応があれだけ出ていることを
まさか片山も知らないわけではあるまい


そもそも、国がどうするかも決めあぐねていることを、
一自治体が先行してやろうとすること自体がおかしい

だったら、条例制定の動きを無に帰させて
何もなかったことにしてしまえばいい
だろうに。
そうすれば、全てが丸く収まる。

続きを読む
posted by KAZZ at 20:15 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 地方自治一般

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。