2006年02月27日

ごめんやしておくれやしておくれやしておくれやっしゃ〜

例のくだらんメールのお話。

まずはこちらの記事を全文引用してみよう。

永田議員、28日にも謝罪の記者会見…メール問題(讀賣新聞)

 ライブドア前社長の堀江貴文被告が電子メールで武部自民党幹事長の二男に送金を指示したと、民主党の永田寿康衆院議員(比例南関東ブロック)が指摘した問題で、民主党は27日、永田氏の謝罪の記者会見と鳩山幹事長の記者会見を28日にも行い、問題の経緯などを説明する方針を固めた。

 鳩山氏が27日中に電話で永田氏が記者会見に出られるかどうか健康状態などを確認する予定だ。民主党執行部は、永田氏を議員辞職させない方針だ。永田氏にメールの真偽を十分に確認しなかったことを謝罪させることにより事態収拾を図ろうとしている。

 鳩山氏は27日午前、都内の自宅前で記者団に、永田氏について、「できるだけ近いうちに(記者)会見して、国民にしっかり、おわびの気持ちを示す必要がある」と述べた。

 記者会見の内容について、民主党幹部は「(メールの真偽が)100%の確証が得られていないにもかかわらず、あのような断定的な発言をしたということへの謝罪になる」と述べ、謝罪の記者会見になるとの見通しを示した。

 27日未明に党幹部がこの問題の対応を協議した場では、黒塗りされて不明だったメールの送信者と受信者が同一人物で、堀江被告とは別人だったとの情報があることが報告されたが、現状では「党が持っているのはコピーだけで、送受信者の解析は無理だった」(幹部)という。


<引用終了>

武部と堀江の関係を質す材料としては、
あまりにも弱いものをネタに使った民主党が悪い
のであって、
それ以上でもそれ以下でもない。
永田はともかくとして、前原も野田もこの際、
首っ玉の1つでも差し出してみてはどうだろう

謝った程度で話が前に進むとも思えないのだし。

もっとも、自業自得の民主党もさることながら、
自由民主党、特に張本人たる武部勤が
何故にこうまでヒステリックにならなければならないのか、
そこがよくわからない


続いて、以下の記事を全文引用してみる。

「言葉の軽さが政治不信に」武部氏が前原代表を批判(讀賣新聞)

<引用開始>

 自民党の武部幹事長は25日、兵庫県姫路市内での会合であいさつし、民主党の前原代表が「送金指示メール」問題で「確証を得ている」などとしながら新事実を示していないことについて、「そのことへの責任、言葉の軽さがますます国民の政治不信を募らせている」と批判した。

 さらに、「一日も早く謝罪し、国会審議を軌道に乗せる必要がある」と語った。

 武部氏は、メール問題が連日報道されることに関して「小泉首相は『有名税だからしょうがない』と言うが、有名税にしては高すぎる」とこぼした。

 この問題を取り上げた永田寿康衆院議員らに対し、そのテレビでの発言に関する損害賠償請求訴訟などの準備を進めていることも明らかにした。


<引用終了>

だいたい、自分の息子の所在すら何処にいるのか明確にできないくせに、
何が「有名税にしては高すぎる」のか、理解に苦しむ

かく言う武部本人も、「言葉の軽さ」によって
問題を起こした前歴があることを、よもや忘れたわけではあるまい
やましいことがないのなら、前原や永田への非難ばかり申し立てず、
武部自身にもあると考えられる説明責任とやらを
果たすことをしてはどうか
と思うのだが。

まあ、武部にはたぶんそういう責任を果たすことは
彼が今の地位にいる限りは無理かもしれない
なぜなら、武部自身がそういう「軽さ」で売ってきた御仁なのだから。
posted by KAZZ at 20:15 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(1) | 国内政治(政党)

人気がないからぼやいているだけ

次はこちらの記事。やはり全文引用してみよう。

韓国大統領:「大統領任期5年は長い」(毎日新聞)

<引用開始>

 【ソウル堀信一郎】盧武鉉(ノムヒョン)韓国大統領は26日、大統領就任3周年(25日)に合わせて青瓦台(大統領官邸)担当記者と山に登り、「5年という大統領任期は制度的にも長いのではないかと思う」と述べた。

 大統領任期は憲法で5年と定められており、再選は禁止されている。盧大統領は憲法改正を念頭に置いていることは否定したが、発言の真意について政界で論議を呼びそうだ。

 韓国メディアによると、大統領は登山途中の懇談で大統領任期に言及した。長いと考える理由について「5年計画で仕事をしようとしても、(総選挙や統一地方選などの)選挙があり、それが業績の評価につながる。任期中に多くの選挙があるのは、国政運営上、合理的ではない」と述べた。

 与党・開かれたウリ党は04年の総選挙で圧勝したものの、05年4月と10月の補欠選挙で2連敗し、5月末の統一地方選でも苦戦が予想されている。大統領の責任論が浮上する可能性もあり、「任期発言」は、地方選の選挙情勢を憂慮した発言という見方も出ている。


<引用終了>

何のことはない。
要するに、自分の不人気を自覚してぼやいているだけである。
盧武鉉も、理解しているなら何とかすればいいと思うのだが、
何ともできない(つまり、どう手を打って良いのかわからない)のだろう。

その結果が無意味な反日煽動とかに行くのだとしたら、
もうこれは救いようもないわけで・・・。
posted by KAZZ at 19:38 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外政治

推移が見物だが

まずは、以下の記事を全文引用してみる。

長野・百条委報告書:田中知事の虚偽証言を盛り込む(毎日新聞)

<引用開始>

 長野県議会調査特別委員会(百条委)は27日、田中康夫知事の元後援会幹部による県下水道事業への働きかけに関する公文書公開請求問題について、田中知事が同委で虚偽の証言をした事実などを盛り込んだ調査報告書を可決した。

 偽証は地方自治法違反容疑での告発対象で、本会議で報告書が可決されれば田中知事の告発を求める議案が県議会へ提出されるとみられる。

 報告書は田中知事が県下水道公社改革にかかわる証言でも偽証したと認定し、百条委への出頭拒否や記録提出拒否のほか元県課長の偽証など告発対象となる事実も盛り込まれた。【中山裕司】


<引用終了>

とまあ、このようなことになり、今後の推移が見物ではある。
ただ、拙速は禁物。それで失敗した公党もあるわけで、
その意味でも、今回こそ慎重さを求めたい
posted by KAZZ at 19:30 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 田中康夫長野県政

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。