2006年04月07日

で、小沢?

今にも倒れそうな民主党の新代表が、
小沢"クラッシャー"一郎に決まったらしい。

民主党新代表に小沢氏選出(讀賣新聞)
民主代表選:小沢氏を選出 119対72で菅氏を破る(毎日新聞)

菅直人か小沢一郎か、と言われれば、
まあ、既に何度も失敗している菅よりは
小沢の力に賭けてみたいとする気持ちも、わからないではない
だから、この選挙結果自体は妥当なものだと言えるだろう。

ただ、それ故に危惧すべき点がある。
それは、小沢もまた政権交代」ありきの発言しかしていないことである。

政権交代」は、民主党に於いてはゴールではなく
あくまでも政策実現の重大なプロセスの1つである。
よって、「政権交代」を口にするのであれば、
むしろそのあとに彼らが実現を目指す政策が主となり
政権交代」は自ずから従とならなければいけない

なのに、先日来、小沢の口からは政権交代」という文言が
繰り返し発せられる
だけで、その後に何を目指すのか
どうももう一つ判然としない
ように思える。

もちろん、小沢には小沢なりのヴィジョンがあるのだろうし、
それをおいおい出していくとは思うけれど、
そんなに(もちろんマスコミのデフォルメも多分にあるとは思うが)
政権交代」だけを声高に叫ぶことが、
果たして民主党のためになると言えるのか

また、そのような小沢を選んだ民主党の国会議員は、
果たして政権交代」がなされた後のヴィジョンに関して
何処まで深く踏み込んで考えているのだろうか


もし小沢がダメだったら民主党は本当にもうダメと思う。
それぐらいの危機的状況だということを、
果たしてどの程度の民主党の議員が理解しているのか
そこら辺がイマイチ私には理解できかねる。
posted by KAZZ at 20:18 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(3) | 国内政治(政党)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。