2006年04月26日

他国と調和するという概念がない国

また竹島ネタかとお思いだろうが、今回もおつきあい願おう。
まずは以下の記事を全文引用させてもらう。

海底地名、6月提案も可能 見送り合意ないと韓国(山陰中央新報)

<引用開始>

【ソウル26日共同】日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)周辺の海底地名変更について、韓国の柳明桓外交通商第1次官は26日、国会で、先の日韓外務次官会談で6月にドイツで行われる国際会議での提案見送りまでは合意していないとの認識を示し、準備が整えば提案も可能との考えを明らかにした。

 日本側は、会談で日本が竹島周辺での海洋調査計画を中止する代わり、韓国側が6月の提案を見送ることで合意したと発表したが、韓国側は韓国式名称への変更提案を「適切な時期に行う」との立場を表明していた。柳次官の発言により、合意をめぐる日韓の解釈の違いが浮き彫りになった。

 盧武鉉大統領が25日の特別談話で地名変更を「当然の権利」と強調したことを受け、韓国側が「日本側の要求で譲歩しない」との原則を示したものだが、6月提案は準備不足により実現は難しい状況だ。


<引用終了>

なんだか、記事を見ているだけでアホらしくなってくる
彼の国の政治家はどうしてこうも馬鹿野郎なのだろうか

論評する気も失せるとはこのことであろう。

辛うじて言えることを書くが、
きっと韓国には、他国との調和を取るという概念が皆無なのだろう。

現に、今の政権には日本とのパイプがほとんどないらしいし、
それを築こうという気もないらしい。
そんな状態だから、話をまとめるという気も皆無であるし、
仮にこの種の話をまとめようとするなら、
手前勝手な論理でそうしたがる、いわゆる独善の尽くし放題

こんな狭い了見よく国家の運営ができるものだ。
それとも韓国はそれほどまでに政治が成熟していないのだろうか。

どっちでもいいのだが、こんな国を相手にするのも楽ではない

ただ、韓国がこのような態度に出てしまう一因には、
以前から日本の政府や外務省がこのようなマターに対して
ある種の事なかれ主義に陥ってしまっている
こともあると思われる。
その辺りを如何にして解消していくかが、
この問題の真の解決に向けて問われていると言えよう。
posted by KAZZ at 20:00 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(2) | 海外政治

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。