2006年05月02日

知事選に向けて賑々しくなってきた

選挙:知事選 「反田中」候補模索、若手県議が初会合 /長野
220万人に問う:’06知事選 鷲沢・長野市長、菅谷・松本市長に出馬要請 /長野
(以上、共に毎日新聞より)

夏の長野県知事選を前に候補者選びの情勢が賑々しくなってきた
という印象はある。

それはそれでいいと思うのだが、いわゆる「反田中」勢が
これという決定打を打ち出せなかった暁には

たぶん前回同様に負けてしまうんじゃないかと思ったりもする。

田中の方法論が行き詰まりを見せているのは確かであろうが、
それを真正面から指摘できないのは問題だと言える。
結果的に前回はそれで失敗した
その轍を踏まないためにも、よりシビアな候補者選びが求められよう

そのためには、オープンな場で選択肢を少しずつ狭めていき、
最終的にこの人と言える人物を堂々推挙すればいい
のではないか。
方法論は様々にあろうが、何も知らないところで勝手に話が決まっていた
なんてことになると、却って有権者は引いてしまうような気がするし、
田中側の格好の攻撃材料にもされるし、マスコミの餌食にもなりやすい

要は、田中と堂々と渡り合えるであろう人物を
オープンに選出する手はずを整えればいい
だけの話だ。

今のままでは、前回の轍を踏むだけだと思われる


なお、5月3日・5日の更新はお休みします。御了承ください。
posted by KAZZ at 21:25 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 田中康夫長野県政

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。