2006年05月19日

審議拒否をちらつかせて損をするのは誰か

まずは、以下の記事を御覧いただく。

共謀罪法案、採決は来週に持ち越し(讀賣新聞)

<引用開始>

 「共謀罪」を創設する組織犯罪処罰法改正案の扱いをめぐり、自民、公明の与党は19日、同日中に衆院法務委員会で採決することを見送る方針を決めた。

 与党は当初、民主党との修正協議がまとまらない場合、同日午後に採決に踏み切る構えを見せていたが、民主党が「与党の修正内容は不十分で、もっと審議が必要だ」と強く反対したことから、採決を来週に持ち越すことにした。

 与党は19日午前の同委理事会に、共謀罪の適用団体について、テロ集団や暴力団といった「組織的な犯罪集団」とするなど範囲を限定した再修正案を提示した。

 しかし、民主党は与党との共同修正を受け入れない姿勢を崩さなかった。さらに、民主党は同日昼、臨時の党役員会を開き、与党が採決した場合には衆参両院のすべての審議に応じない方針を決めた。

 こうした状況のもとで、自民党は細田博之国会対策委員長と青木参院議員会長が会談し、今後の国会審議に影響が出ないようにする対策を検討した。河野衆院議長も同日昼、自民、公明両党の国対委員長を呼び、円滑な審議を要請した。

 同日午後1時からの衆院法務委員会では、与党が再修正案を提案し、民主党も出席して質疑を行った。

(2006年5月19日13時38分 読売新聞)


<引用終了>

問題にしたいのは「共謀罪」なるものではない。
民主党の国会審議に対する姿勢について、である。

小沢一郎が代表になってから、民主党は攻撃的姿勢を表に出すようになった
そのこと自体は別にどうってことないのだが、この事案のように、
審議拒否することをさも正当且つ高等な戦術であるかの如く実行するのは
果たして如何なものなのか

この法案を民主党として如何様に取り扱いたいのか知らないが、
如何なるポリシーがあるにせよ、国会審議を嫌がる姿勢を見せておきながら、
事を優位に運ぼうとする姿勢は、正直、感心しない。

小手先の国会戦術ではなく、議論の内容で勝負できないのか。
仮にも将来的に二大政党制を目指そうとする政党が、
こんな古色蒼然とした国会戦術で主導権を握ろうとしているのを見ると、
何か悲しくさえ思えてしまう。

戦う姿勢を出そうとするのは大いに結構。
しかし、そのやり方を間違えると、何の意味もない。
審議拒否をちらつかせる戦術に依存すると
結局損をするのは民主党自身なのだということを
もっと理解しなければならない。
posted by KAZZ at 19:44 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内政治(政党)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。