2006年06月05日

プロ中のプロであるが故の陥穽〜村上世彰逮捕を考察する

村上ファンド代表の村上世彰が
Livedoor株式の取り扱いを巡るインサイダー取引疑惑を
東京証券取引所で記者会見を開いて公に認め

その後、証券取引法違反容疑で東京地検特捜部に逮捕された

それについて様々な報道がなされている。
幾つか拾い上げてみた。

村上氏が謝罪「ルールを犯した」 インサイダー容疑認める
村上世彰代表を逮捕 インサイダー取引の疑い(以上、産経新聞)
インサイダー取引:強固な証拠に方針転換を決断 村上氏
インサイダー取引:村上代表を逮捕 事前に株取得情報(以上、毎日新聞)
「プロ中のプロとしてミス」村上氏、悔しさにじむ会見
村上氏が会見、インサイダー取引疑惑認める
村上ファンド、本人「残したい」が出資者解約で解体も
インサイダー取引、村上容疑者を逮捕(以上、讀賣新聞)

遂に、という感じではある。特段の驚きも感慨もない
堀江貴文が捕まった辺りから、村上もこうなるだろうとは思っていた

さて、当初あれだけ強硬に潔白を主張していた村上が、
何故ここに来て一気に方針を転換したのだろう?

村上に好意的な見方をするならば、
やはり株取引のプロ中のプロ」を自負するが故に
東京地検特捜部から歴とした証拠を見せられた以上、
逃げ隠れするわけにはいかないという本人の会見での主張が
そのまま当てはまる
と考えていいのであろう。

だが一方で、裏を返せば、
東京地検はさほど大した証拠を集めてはいないであろうなどと、
村上はタカをくくっていた
という気もする。

東京地検の動きを読み切れなかった村上の完敗である。
そして、それは村上が何を思ったか、日本から抜け出し、
シンガポールに行こうなどと思い始めた
辺りから
加速していったものと推測される。
海外に逃げおおせることができれば、
そこまで手は伸ばせないと村上は踏んでいた
のだろう。
だが、これが逆に東京地検特捜部をやる気にさせてしまったような
そんな気がしてしまう。

さて、逮捕前の東証内での記者会見で村上は、
証券取引のプロ中のプロとしてミスがあった」と述べている。

彼のミスとは何なのか

Livedoorの連中からインサイダー情報を聞いたことではない
彼が仮にも証券取引のプロ中のプロ」を自負するのであれば、
株式、あるいはそれを上場する企業に対するのと同じように、
人に対しても、もっとシビアに接しなければならなかったのではないか。

村上には、堀江を含むLivedoorの連中が
何をどうするつもりで自分に擦り寄ってきたかを、
時間をかけて見極めることはできた
と思う。
しかし、現実にはそれはできなかった
そして、こういう話になってしまった

証券取引というのは、私はやったことがないのでわからないが、
たぶん、寸暇を徹底的に惜しんで状況に目を光らせ、
即断即決しなければならない局面も多々ある
だろうと推測する。
しかし一方で、じっくり時間をかけて状況を見極めながら、
切るかつながるかの判断をしても良い局面もある
はずで、
それをどう使い分けるかという見極めの能力が村上にあったかどうか
どうも、村上にはそういう能力が欠如していたのかもしれない。

彼は「証券取引のプロ中のプロ」ではあったかもしれないが、
それはあくまで「証券取引」という実態行動に関しての話で、
それにまつわる人脈構築や人の動かし方、つきあい方に関しては、
たぶんアマチュア以下でしかなかった
のだろう。

例の東京スタイルの一件で名を挙げた村上は、
以来、時代の風雲児且つ有能なファンドマネージャーたらんと、
ありとあらゆるつまらぬ虚勢を張り続け
企業価値の向上=株主価値の向上」という一面的な論理に固執し、
それ故に視野狭窄と自家撞着を起こし
自ら市場からの退場を宣言することを余儀なくされ
そして東京地検に身柄を取られるハメになった

ただまあ、容疑そのものについては潔く認めているようであるし、
先にも書いたように、自ら市場からの退場を宣言した
その2点だけはひとまず評価してもいいのかもしれない。

M&Aの在り方証券取引についての市場ルールや思考の再整備
株主利益追求だけに固執したファンドマネージメントに対する
投資家と市場、そして上場企業自身の考え方の再構築


村上の逮捕が契機となって、多くの課題が出てきたように思う。
これらをどのように克服するかは、
結局のところ、証券取引市場に関わる全ての人々が
どれだけの叡智を出し合っていけるか
にかかっている。

日本の証券取引市場は、
思わぬ形で重い宿題を背負い込んだのかもしれない。
posted by KAZZ at 19:49 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | 国内事件・社会

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。