2006年06月14日

日銀総裁ともあろう者が・・・

日銀総裁の投資:違法ではないが…道義的責任問う声も(毎日新聞)
日銀総裁が村上ファンドに1000万円 ゼロ金利解除に逆風も(フジサンケイビジネスアイ)
各界から福井やめろの声続々…倫理観の欠如(夕刊フジ)

まあ、いろいろな見方はあるだろうが、
端的に言って、日銀の現総裁がこれほど脇が甘い人物だとは
誰も思わなかったんじゃなかろうか


そのような人物を日銀の総裁に推してしまったのは誰か、
という話にもリンクしてくるが、それはまた別の話で、
何にしても、これはあまりにもバカ丸出しというか、
見事なまでに脇の甘い話ではないか。

日本銀行の総裁になるということがそもそもどういうことなのか、
福井にはわかっていないんじゃないか

日本の経済金融政策に於いて重要な役割を担うポストだけに
それにまつわる様々な制約や縛りがあることは、
就任する段階でわかっていなければならない
だろう。

それなのに、「仲間内の意識」だか何だか知らないが、
そんなくだらない理由で村上ファンドに出した出資金を
引き上げようともしなかった


ああいうポストに就く以上、それなりに厳しく自らの身を律し
誰からも後ろ指を指されることのないように
何もかも始末しておくのが福井のなすべきことではなかったか
そうすれば、あらぬ誤解も詮索も受けずに済んだものを。

いくら違法性がない行為とは言ったって、
こういう問題を引き起こしてしまったからには、
やはり一定の責めを負うのが日銀総裁としては当然であろう。
posted by KAZZ at 20:20 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内事件・社会

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。