2006年07月05日

北から南から

<1>まずは北から

北朝鮮ミサイル:6発を発射、日本海に落下
北朝鮮ミサイル:7発目を発射、日本海に落下 防衛庁発表
北朝鮮ミサイル:国連海洋法条約違反の可能性
北朝鮮ミサイル:狙いは日米に揺さぶり(以上、毎日新聞)
列島脅かす6発、暴挙「許せない」
北朝鮮、夕方に7発目を発射
北のミサイル発射、危機的状況高め米を揺さぶる狙い
韓国の情報当局高官「発射したミサイルは10発」
北の強弁「ミサイルは自衛手段」一方で外交カードにも
「あきれた国、世界中が北へ圧力を」横田早紀江さん
露外務省報道官「ミサイル発射、信頼構築に反する」
「自衛発射」北が強弁、「合意文書に拘束されぬ」強調
北ミサイル、発射はICBM級10発か…露軍参謀総長(以上、讀賣新聞)

何だか知らないが、ミサイルのバーゲンセールでもやりかねない勢い
北朝鮮が各種ミサイルを7発だか10発だか発射したらしい

日本を揺さぶり、アメリカを米朝協議の場に引きずり出したいなどという
見え見えの魂胆
があるものと思われるのだが、
それにしてはやり方が稚拙というか、バカバカしいというか

トンデモ国家のやることは、我々凡人には理解できかねる
よほど他にやり方を知らないものと思われるが・・・。

まあ、国際社会から突き上げを喰らって終わりというところだろう。
かくて彼らの目論見は達成されずに終わってしまうことになると。

<2>続いて南から

韓国海洋調査船:竹島周辺に到着 海保、調査中止を要求
韓国海洋調査船:「竹島周辺、今日中に終了」(以上、毎日新聞)

北のミサイル問題は、ひょっとしたらこの一件を覆い隠すための
アシストじゃないかと思われる
ぐらい忘れ去られているが、
日本のEEZに突入してあれこれやろうとしている韓国に対しても、
日本は毅然とした態度で臨まなければなるまい


もちろん、ミサイル問題はミサイル問題で強調しなければならないが、
だからといってこの問題をお座なりに解決してはいけない

それにしても、北も南も何をやってるんだか・・・。
posted by KAZZ at 20:05 | 島根 ☔ | Comment(2) | TrackBack(1) | 海外政治

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。