2006年07月12日

北朝鮮に足下を見られて困るのは誰か?

北朝鮮ミサイル:制裁決議案、反対の立場明言 韓国外相(毎日新聞)

この期に及んで、まだこんな寝惚けたことを言い続ける韓国政府は、
最終的に自分たちが貧乏くじを引いても平気でいられるような
ツラの皮が厚い連中らしい

よほど「対話主義」に自信をお持ちらしいが、実際はどうかというと・・・

ミサイルで韓国が「遺憾」表明…北はコメ支援を要求(讀賣新聞)

案の定、ナメられて、このような態度に出られている
彼らが北朝鮮に対して標榜している対話主義」の成果が、これなのだ。

思想こそ違えども、南北朝鮮は仮にも同一民族の隣国だろう。
だったら、北が暴走しようとしている時こそ、
穏やかな話し合いばかりに頼らず、
厳しく諫める姿勢を見せることも大切ではないのか


それをしないから、こんなことになる。

韓国は仮に近い将来、自国の領土・領海内に
北からのミサイルが落ちるようなことがあってもまだ、
ヌルい対話主義を貫こうとするのだろうか


要は、北朝鮮に足下を見られて困るのは誰なのか、という話だ。

日本はそうされないために意思表示をしている
「先制攻撃論」ばかりがクローズアップされているきらいはあるが、
それぐらい考えないと足下を見られるばかりで問題解決が図れない
という事態を防ぐために、敢えてハッタリをかましている部分もある。

そもそも、誰も実際に「先制攻撃をする」とは口にしていないし、
その際の仮想敵国に韓国を指名したこともない
だいたい憲法解釈の問題もあるために、実現可能性はきわめて低いのだ。

それをやれ「侵略主義だ」、「軍事大国化だ」だのと
表層的な意見しか言えない韓国は、安全保障を語る資格などない
とっとと北朝鮮に併合でも何でもされればいい
まったく、とんだ誇大妄想でバカバカしくてつきあいきれない

危機感を発露する対象を間違え続けて、
気がついたら韓国は北に攻め落とされました、
なんてことになっても、誰も助けてなどくれない

事態をろくに見ようとしないで戯言ばかり言っている彼らの責任だからだ。

そのような事態に陥らないためにも、
日本は他の国々と緊密に連携を取って、
主張すべきはしっかりと主張した上で、
事態を推移させていくしかない
のだ。
posted by KAZZ at 20:38 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 海外政治

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。