2006年07月21日

騒ぐようなことだろうか?

昭和天皇、靖国のA級戦犯合祀に不快感
小泉首相、自身の靖国参拝に「影響ない」
昭和天皇 富田メモ 分祀へ政治利用の恐れ
日経新聞社に火炎瓶 昭和天皇の靖国参拝見送りとの関連捜査
(以上、いずれも産経新聞より)


昭和天皇が、靖国神社へのA級戦犯合祀についてなされた御発言を、
故・富田朝彦氏(元宮内庁長官)が昭和63年に記したとされるメモ、
いわゆる「富田メモ」問題で、少々喧しい雰囲気になっているようだ。

一部の政治家たちは、これを勿怪の幸いとばかりに大はしゃぎしてみせ
逆に一部の人々が、それを報じたらしい日経新聞社に
火炎瓶をぶん投げるなどという騒ぎにまでなっている
ようだ。

しかしながら、だ。

果たしてここまで大騒ぎしなければならない類のものなのか

私には、そう思えてしまう。

以下、仮にメモが本物であったらという前提で話を進めるが、
もし仮にメモが本物だとして、総理大臣以下末端の国民に至るまで、
陛下のお気持ちにどうしても沿わなければならない
ものなのだろうか。

陛下は陛下であのようにお考えになられた」ということを
心中に留めておけば、それで良いのではないかと思う。
それが現在の日本社会に於いて、個人の思想信条に
どれほどでも影響を及ぼして良いと言えるのか


天皇陛下に国家の主権が委ねられている社会であるならまだしも、
現在の日本は、国民主権の世の中である。
大切なのは、国民個々がどのように受け止め、考えるかではないのか。

確かに、昭和天皇のお言葉は深い意味を持っているだろう。
だが、それに振り回されて、個々人の意思が尊重されないとなると、
それはそれで由々しき問題につながらないだろうか

例えば、上記3段目の記事にある、政界各氏の反応を引用してみよう。

<引用開始>

【昭和天皇発言メモへの政界反応】


 ■小泉純一郎首相
 「陛下におかれてもさまざまな思いがおありだったのだろう。あの人が、あの方が言われたからいいとか悪いとかという問題ではない。(国立追悼施設は)結論が見えにくい。(「A級戦犯」分祀は)一宗教法人に政府が言わない方がいい」


 ■安倍晋三官房長官
「私は国のために戦った方々のためにご冥福をお祈りし、尊崇の念を表する気持ちで靖国神社に参拝してきた。その気持ちに変わりはない」


 ■谷垣禎一財務相
「陛下の言動を引用してああだこうだと政治的議論をするのは控えたい。遺族の中に陛下にお参りいただくにはどうしたらいいかという思いはあるだろう」


 ■山崎拓元自民党副総裁
「A級戦犯分祀が実現するか、国立追悼施設を設置しない限り、靖国問題は解決しない。天皇陛下も参拝されない、宗教施設が国の中心的な追悼施設とは言えない」


 ■加藤紘一元自民党幹事長
「分祀論に弾みがつく。戦地に赴いた人は陛下のご参拝をいただきたいという思いで亡くなられた方が多い。陛下が行かれる状況を作ることは非常に重要だ」


 ■神崎武法公明党代表
「昭和天皇が参拝されなくなったのはA級戦犯合祀であることが裏付けられた。分祀論が加速するだろう」


 ■鳩山由紀夫民主党幹事長
「戦争に後悔の念を持っておられた陛下の意思だけに大事にすべきだ。首相は重く受け止めてほしい」


<引用終了>

山崎拓から下の4人の発言をよく読んでみると、
陛下が参拝されないのだから云々」という論調になっている。

なるほど。昭和天皇のお気持ちは大切なものだと
彼らは説きたい
のだと思う。それは私にもわかる。
国民は、陛下の平和を尊ぶお気持ちを決して軽視してはいけない
それを大切に守り抜いてこそ、平和国家・日本の責務を果たせる

しかし、だ。

天皇陛下が靖国神社に参拝されないされなかったことと、
それを個々人の意思に反映した上で行動するかどうかは、
まったく別の問題であろう。

国民には憲法で内心の自由が保障されている
まして現在の日本国の主権者は、他ならぬ日本国民である
だとすると、出発点となる考え方
陛下はあの(メモに書いてある)ように思われた」だったとしても、
小泉のコメントにもあるように、
あの人が、あの方が言われたからいいとか悪いとかという問題ではない
として、最終的には個人の自由裁量に委ねるのが妥当なのではないか

それで、参拝しなくてもいい、あるいは参拝したくないと思うのなら、
参拝する必要もない
のだし、
逆に、参拝したい、あるいはどうしても参拝する必要があると思うなら、
参拝することに吝かではないと考える
だろう。

陛下のお考えはお考え」だと私は思う。
それを軽視するつもりは全くないし、
それはそれで個々人が心中に留めておいて問題はないが、
それに影響されるかされないかは、
国民主権の世の中である以上、あくまでも国民個々人の問題だと思う。

陛下があのようにお考えなのだから、○○しなければならない」などと
今回のケースで言い出す政治家が何人かいるようだが、
それは即ち、陛下の御発言を政治的に利用したいがために、
あるいは自身の思想の裏付けとして利用したいがために、
そのようなことを言い出しているものと解釈できよう。

とすると、むしろそちらの方が怖い
陛下のお気持ちを無視することはできないという心情を逆に利用し、
特定の政治家や、ひいては国民への縛りをかけようとする
のは、
ある意味、とても卑怯な行為に思われる。

そもそも、陛下がそこまでお望みになられたとは考えられない
(御自身が靖国神社に参拝されないのだから、国民が参拝するのは遺憾だ、等々)
陛下には陛下としてのお考えがあって、あのような御発言に至ったのだろうから、
その言葉尻だけを捉えてあれこれ論じるのではなく、
もう少し幅広い視野で考えてみた方がいい
のではなかろうか。

私の文章表現力が足りず、
それ故に上手くまとめきれないのが非常に悔やまれる
が、
それでも、最後にこれだけは申し上げておきたい。

メモにある文言を根拠に、陛下のお気持ちを徒に弄ぶようなことを言い出す、
そのような風潮には、何か強烈な違和感を覚えてしまう


個々人の主義主張をひとまず脇に置いて、もっと国民1人1人が
純粋な気持ちで陛下のお気持ちに触れるようにしてみてはどうか
あれこれ考えすぎるのではなく、自然に受け止めることが大切だ
私は、そんな風に思う。
posted by KAZZ at 21:55 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内政治(その他)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。