2006年08月07日

田中後をどうするべきかが重要

田中康夫の長野県知事としての日々は、終わってしまったようだ。

長野県知事選挙開票速報(終了)(NHK)

村井  仁(69・無所属・新)当 612,725  53.4%  
田中 康夫(50・無所属・現)  534,229  46.6%

長野県知事選:新人の村井氏が初当選 田中氏の3選阻む(毎日新聞)
長野県知事選:田中氏の「壊す」政治を県民否定(毎日新聞)
長野県知事選:田中氏の訴え届かず 「安心」の村井氏選ぶ(毎日新聞)
長野知事選、村井氏が初当選…田中氏3選阻む(讀賣新聞)
康夫劇場に「NO」…かつての支持者も次々離反(讀賣新聞)
無党派も田中離れ、県政の混乱に嫌気(讀賣新聞)
田中康夫氏落選、長野知事選で3選ならず(日刊スポーツ)
康夫候補 大接戦に「3選よろぴく」(スポニチ)
村井氏が田中氏破る〜長野県知事選(スポニチ)

「改革」なる文言をパフォーマンスの道具に使って、
それを支持の源泉につなげてきた田中康夫。

しかし、その手法は時を経て陳腐化し、
また、旧弊の打破ばかりをアピールする手法は、
そこからの創造を喚起するまでに至らず、
そうしたやり方が、結局は長野県民に飽きられてしまった。

それなのに、田中はそのことに気づかなかった。
いや、気づいていたとしても、手法を変えることはできなかった。
それ以外の手法を知らなかったからだ。

かくしてそんな田中康夫の執り行う長野県政に、
県民は「NO」を突きつけた。それだけの話である。

ただ、田中が退場したからそれでいいのかと言われると、それは違う。

新知事となった村井には、重大なプレッシャーがかかってこよう。
これまでの田中県政の中にも、良いところがまるでなかったわけではない。
そこを見極めつつ、村井流の県政に確実に取り入れながら、
長野県を良い方向に導けるように努力していかなければならない。

もしもそれができなかったとしたら、
田中以上に激しい突き上げを喰らってしまうだろう。
脱ダム宣言などに代表される田中流の残滓の扱い、
財政健全化の推進と公共事業等とのバランスをどう取るか、
県民の声をどうやって何処まで吸い上げて県政に反映させるか、等々。

村井県政の課題は、ある意味、田中県政のそれ以上に多い。
村井新知事の真価が問われるのは、これからである。


続きを読む
posted by KAZZ at 01:41 | 島根 ☁ | Comment(11) | TrackBack(0) | 田中康夫長野県政

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。