2006年08月23日

道化が1人混じっている

自民総裁選:「安倍政権」で改憲に意欲 ブロック大会で(毎日新聞)
↑の記事の写真を拡大したもの(Yahoo!JAPAN/毎日新聞)

記事の方はさておいて、下段のリンク先の写真を見てもらいたい。

自由民主党の南関東・北関東ブロック大会に出席した
自由民主党総裁選挙に立候補の意思があるという5人の政治家が写っている。

さて、その真ん中に1人だけ場違いな出で立ちの人物がいるのが
おわかりいただけるだろうか。

それは、河野太郎という御仁である。

同じく今回の総裁選に立候補を予定する鳩山邦夫同様に
党内での推薦人の確保が難しいらしいことは
何度か報じられているらしい。

で、本人にそのような自覚があるのかどうなのか
1人だけ妙にハジケた格好をして登壇し、
テンパった石原良純みたいに喋りまくっていた
のを
先日のテレビのニュース番組でチラッと見た。

どうせ望み薄なら、せめてインパクトだけでもと思ったのだろうが、
それにしたって、これはどうなのだろう。
自由民主党総裁選挙を、何かの軽薄なイベントと勘違いしていないか

河野本人としては、総裁になりながら総理にはなれなかった
父親(河野洋平)のリベンジのつもりでいるのかもしれないが、
これでは単なる道化ではないか。
これで本気で自由民主党総裁を目指そうと思っているのだろうか

とにかく、見ていてこちらの方が恥ずかしくなってしまう
posted by KAZZ at 19:31 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(政治家)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。