2006年08月25日

今更なれど、裏金

岐阜県庁:組織的裏金作り 94年度で4億円超(毎日新聞)

↑の記事自体、結構前の記事である。
乗り遅れ感は大きいが、平に御容赦願いたい。

もう多くの方が知ってのとおり、岐阜県庁で裏金作りが盛んに行われ
記事にもあるような、ものすごいことになっていたりする

以前、警察組織で似たような問題が明るみに出て大きな話題になったが、
地方自治体でも似たようなことはあるんだろうなと
なんとなく思っていたら、やっぱりあった
ということになる。

恐らく、額の多寡や規模はさておいて、
他の自治体でも明るみに出ないだけで、
これに似たような話は案外たくさんあるのかもしれない


住民からしてみれば、由々しき問題であり、
断じて許容できないことであるのは論を待たない

こんなものは即刻、作った側の責任で全額返還させるのが筋で、
それができないというのなら、どうあってでも
返還させるように仕向ける必要がある


一方で、何故このようなことが行われなければならなかったかを
厳しく追及し、検証していくことも重要
である。
適正でない支出が毎年のように当たり前に行われて、
予算が足らなくなったなど、理由は幾つか挙げられよう

支出が適正でないのなら、当然、是正しなければならないし、
そのために監査の在り方について抜本的に見直し、
より厳しくしていく必要性が出てこよう


何にしても、こういう話が出るたびに、
お役所仕事というもののくだらなさを感じてしまう
裏金を作るほど金が足りないと言うのなら、
他の支出を削減することも考えればいいのに、それをしない。
続いてきているから前例があるから、云々かんぬん。
前例があろうとも、継続していようとも、
それが現状にそぐわなければ見直すのは当たり前
で、
それをしないから、怠慢だ何だと言われてしまうことに、
地方自治体にせよ何にせよ、気がつかなければいけない

たぶん、彼らに危機感はないのだろう。

役人の危機感の無さは、相当に重症のような気がする
posted by KAZZ at 20:40 | 島根 ☀ | Comment(3) | TrackBack(1) | 地方自治一般

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。