2006年10月20日

たまにはちょっといい話

どうも最近、嫌な話題ばっかりなので、
たまには少しいい話でも書いてみたいもの。
そこで、こんな記事を拾ってきた。
せっかくなので全文引用してみよう。


大工の父にあこがれて…女子高生が全国初「とび2級」(産経新聞)

<引用開始>

 西東京市の都立田無工業高校3年の伊藤舞さん(18)が、今年度の技能検定試験「とび2級」に合格した。とび2級は、プロの職人を想定した難易度の高い国家資格で、現役女子高生の受験も合格も全国初の快挙。見た目はごく普通の女子高生だが、「女大工」への厳しい道を目指して、「やると決めたらやる。ごちゃごちゃ言いません」と意欲をみせている。

 伊藤さんは、大工の父親、貢さん(53)の姿にあこがれて、中学時代から大工の道を志し、職人養成校として知られる田無工に進学した。

 とびの危険性を知っている父は技能検定受験に反対したが、とび3級に昨年合格。今年5月から2級の受験を目指して、校庭で足場を組む練習を黙々と重ねた。

 7月、東京湾岸の晴海埠頭(ふとう)で、1時間50分以内に鋼管を使って屋根の片側の形をした「片流れ小屋組」を組み上げる実技試験が行われた。格好はもちろん、ダボシャツと黒のニッカーボッカー。柱を3度倒すなど大きなミスもあったが、制限時間ぎりぎりで小屋組を完成させる“根性”をみせ、今月3日に合格が発表された。

 幼いころから力仕事が大好き。制服の下に隠れた腕は鍛えられている。

 「女の子っぽい仕事には就きたくない。デスクワークが嫌いで、じっとしているとイライラする」

 卒業後はすぐにでも現場で働きたいと思っている。就職先はまだ決まっていないが、「高所も怖くない。そこらへんの男よりも力はあります」とアピールしている。

(10/20 00:36)


<引用終了>


親の背中を見て育つ」ってのは当世なかなかないものなれど、
どっこい、世の中、まだまだ捨てたもんじゃないようだ。
この女の子、なかなかに頼もしい女の子のようで、
相当な努力と精神力で「とび2級」の試験に合格した模様。

天晴れなことだと思う。

こうなったら、あとは就職して、現場で経験を積んで、
真のプロフェッショナルへの道を目指してもらいたい
ものだ。
posted by KAZZ at 20:06 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内事件・社会

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。