2006年11月29日

スクラップ・アンド・ビルト

落選議員の復党、参院くら替え組を来月にも認める方向(讀賣新聞)
復党問題:焦点は落選組の処遇に 参院転出探る動きも(毎日新聞)


スクラップ・アンド・ビルト」という言葉がある。
普通、一度破壊してから再生するというような意味合いで使われる。

小泉純一郎は、自由民主党を(部分的にではあれ)「スクラップ」して
意気揚々と政治の表舞台から去っていった。
その後の「ビルト」役を仰せつかったのが、安倍晋三である。

ところが、安倍がやろうとしているのは「ビルト」のようで
実は「ビルト」ではなかった
のである。
安倍は「ビルト」に見せかけて、実は「リペア」をやり始めている

話をわかりやすくするために、一軒家で考えてみる。

 自由民主党という名の一軒家の家主になった小泉純一郎は、古くて使い勝手が悪いと彼が思った部分を遠慮なく壊した。見栄えや体裁はさておいて、彼は結果的に思い通りの家を手に入れ、5年ほど住んだ後に(様々なリフォーム案を残しつつ)引っ越していった。
 小泉が手を入れた家には、続いて安倍晋三という新しい家主が入居した。若くて新しもの好きの安倍は、前の家主である小泉とも親しいので、てっきり小泉の残したリフォーム案をベースに家に手を入れて、より機能的で住みやすい家にするのかと思いきや、小泉が意図的に壊したはずの箇所を修復することを始めてしまった。
 わざわざまた使い勝手の悪い状態に戻さなくてもいいのに、と隣近所の人々が噂するのも馬耳東風の有り様で、今日も安倍はせっせと家の修復ばかりやっている。


要するに、そういうことなのだ。
かくして、安倍がせっせと「リペア」をした結果
自由民主党は旧態依然とした伏魔殿に逆戻りしてしまった
それを「古い議論」などと斬って捨てようとするのは、
自らの構築センスの無さを他者に責任転嫁しようとしているのと同じだ。

こんな政党が「改革」などとどの口で言えるのか
よほどの厚顔無恥でなければ、そのようなことは言えない
然るに、どうやら安倍晋三は、我々が思っている以上にずっと厚顔無恥らしい。

そんな人物が「美しい国」だの何だのと標榜してみたところで、
何ら説得力を持たない
ことに、どうして安倍は気がつかないのだろう
ひょっとしたら、安倍にはよほど思慮というものがないのかもしれない。
posted by KAZZ at 19:37 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(政党)

2006年11月27日

長すぎた20年

全国最長5期目、澄田・島根知事が今期限りで引退(讀賣新聞)


やっと引退するのか、というのが正直な感想である。

この人物は、正直なところ、知事の座に長くいすぎたと思う。

道路整備をしまくったのは良かったが、
そのために県の負債をやたらめったら増やしてしまった

そこにわけのわからない施設や建物を建てまくり
更に借財を増やす始末


宍道湖・中海淡水化事業も、擦った揉んだの挙げ句に
凍結→全面中止と迷走を続けてしまった


4期も5期もやらせるような人材ではなかったという
そんな気がしてしまう
のだが、
自由民主党島根県連はこんな人物に
結果として5期20年もお墨付きを与えてしまった

財政悪化の責任も総括もないまま、この人物を容認した
この罪はきわめて重い
今更、代わりの人物を立ててお茶を濁してもらっても困る。
それなりの説明は県民に対してしなければならない
当然のことだが、彼らにはその責任がある
それができないなら、候補者なんぞ立てないでもらいたい
posted by KAZZ at 19:21 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 地方自治一般

2006年11月24日

国民不在、党利党略の茶番

郵政造反組の復党問題、自民執行部に亀裂(讀賣新聞)
平沼氏は年内復党見送り、政権公約支持の誓約求められ(讀賣新聞)


郵政民営化問題造反議員の復党劇という名の、
自由民主党の下品なコミックショーが今も続いている。
自由民主党のトップ連中はよほどこの演目に自信があるようで、
今なお視聴者(有権者)の話題をさらえるとばかりに
盛んにこのネタで茶の間の耳目を集めようと躍起になっている

よほど他に重要な問題は多々あるだろうに、
それでもなお、この問題を引っ張り続けている


こんな国民不在の茶番を続けたがる理由は何なのか。
それはつまり、この人たちが多くの重要な懸案事項から
国民の目をできるだけ逸らそうとする
ことで、
「改革」なる美名を旗印に掲げながら、実は「退化」している様を
表に出したくないが故に、このような茶番を繰り広げている
のだろう。

要するに、政権若しくは自由民主党内部の無為無策を隠すために、
斯様な茶番をやって国民を欺いているだけ
なのだ。

もちろん、そういうことなのだから、
国民の存在など彼らにとってはどうでもいいことであって、
だから国民そっちのけで今日も茶番に勤しんでいる

こんな連中を信頼していたら、
いずれ大きなツケを払わされる
ことは目に見えている。
そのことが彼ら自身に理解できていないのだから
笑止千万、臍で茶を湧かすようなもの
であろう。

これもまた「美しい国」を構築するための第一歩なのだろうか。
だとしたら、何とも実りのない一歩ではないか。
posted by KAZZ at 20:21 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(政党)

2006年11月22日

問責決議ねぇ・・・

知事問責案を可決 県議会どたばた 宮崎官製談合事件 追及方法各会派対立(西日本新聞)
宮崎談合:安藤知事への問責決議案を可決 宮崎県議会(毎日新聞)
知事の責任を問う決議(宮崎県議会)


こういう無意味なドタバタ劇をやっていると、
知事だけでなく、結局は議会の方も信頼を失ってしまう
のだが。
議会のお歴々はどうもそういうことが御理解できていない様子で、
よって問責決議」などという法的拘束力も何もない
単なる口頭による「お叱り」程度でお茶を濁してしまう
のだろう。

それでなくても昨今、似たような事例が続発しており、
特に知事の逮捕にまで結びついた事案が2件連続しているのに、
こちらはまた随分とのんびりしている印象を受ける。

議会というのは、そもそも知事の施策などに対しての
チェック機能を有しているのではないのか?

その機能が果たせないのなら、議会の存在意義すら疑わしくなる
そんなことで、よく県会議員でございなどとやっていられるものだ。
よほど問題意識が薄いとしか考えられない

もし今回の件で知事が逮捕なんてことになってしまったら、
宮崎県議会はどのように責任を取るつもりなのだろう?
posted by KAZZ at 19:42 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 地方自治一般

2006年11月20日

本日は更新を休みます

度々で申し訳ないのですが、本日は更新を休みます。
posted by KAZZ at 19:03 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からの告知など

2006年11月17日

知事の権力構造を見直してみてはどうか

宮崎官製談合、安藤知事就任後に受注が急増(讀賣新聞)
「官業 癒着どこまで」 宮崎県官製談合 県民から厳しい声(西日本新聞)
知事「残念でならない」 宮崎県部長ら逮捕(西日本新聞)

官製談合福島→和歌山と来て、次は宮崎県である
この他に、忘れ去られかけてはいるが、岐阜県をはじめとする
裏金問題も依然として存在している
ことを忘れてはなるまい。

これだけのことが連鎖的に発生しているのは、
単にこれらの県の問題に留まらない
のではなかろうか。
地方自治、特に知事職の絶大なる権限に某かの問題があって
それ故にその権力にまとわりつこうとする輩が後を絶たず
知事職にある方もある方で、自らが手にした権力を有効利用しようと
わけのわからない魂胆を考え始め、実行に移したいがために、
まとわりついてくる輩を利用しようと思っている
のではないか。

そもそも、都道府県知事職がそこまでうま味のある仕事であることに
いったい何の意味があるというのだろう

それほどまでに権力が一極集中しなければいけない理由とは、
いったい何なのであろうか


昨今の事情を受けて知事の多選を云々する動きがあるようだが、
それよりも、知事職に対する権力構造の見直しを図るのが
順番としては先
なのではないか。
また、知事がそこまで絶大な権限を持つ以上は、
厳しいチェック機能があって、且つそれが有効に働かなければ意味がない

有する権力に対する責任を持たせる意味からも、
相応に厳しいチェックを受けるのが権力者の義務
というものだ。

ところが、そうした知事の権力構造の改善には手をつけず、
与党・野党の別を問わず、多選の禁止を言い出して
適当に逃れようとする国政の姿勢
は、非常に弱腰に思えてならない

恐らく、そんなことをしたら国会議員自身の在り方を問う声も出てくるから
そこまで手をつけなくても良いとでも思っている
のだろう。
だとしたら、これは非常に恥ずかしいことだ。

知事への過剰とも思える権力の集中を如何に抑え
且つ、より効率的な行政を進めるために
どのような権限の構造を作っていくべきか

今、考えなければいけないのは、そちらの方だと思う。
posted by KAZZ at 19:30 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 地方自治一般

2006年11月15日

本日は更新を休みます

本日は更新を休みます。御了承ください。
posted by KAZZ at 19:34 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からの告知など

2006年11月13日

1つ勝ったぐらいで・・・

福島知事選:民主、党勢回復へ足場 与党、沖縄に背水の陣(毎日新聞)

たかが選挙の1勝で羽振りのいいことである。
そんなに豪勢に張り込んだって、先のことなどわかりもしないのに。

この1勝を謙虚に受け止めておけば
まだ印象も違うであろうに、
こんな受け止め方をするから小馬鹿にされるし、
浮き足立っていると思われる


こういう時は泰然自若の体で受け流しておけばいいのである。
それをこんな風に騒いでみせるのは大人げない。
民主党というのも、随分レベルが下がったようである
元々下がり気味の政党ではあったが・・・
posted by KAZZ at 19:38 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(政党)

2006年11月10日

そんなに受信料取ってどうする

NHKの受信料を払わせる対策が、
更にエスカレートしようとしているようだ。

NHK受信料:不払い者に割増金制度を検討 菅総務相(毎日新聞)

とまあ、このように、不払いに対して割増金を課そうなどという
アイディアが出ているようだ。
そんなにまでして受信料を取りたいのだろうか

受信料制度の限界や問題点には一切触れることなく、
ただ機械的に受信料を徴収すればそれでいいなどと思っている
政治やNHK本体の無能ぶりには、ただただ呆れるばかり
だ。
しかも、菅総務大臣は、受信料を義務化すればいいなどと言っている
何の根拠があってそのような馬鹿なことを言い出すのか
理解に苦しむ
のだが、ともかくNHK受信料は払われるべきものだと
菅大臣は思っている
ようである。

受信料制度の抜本的見直しが議論されないのは何故なのか
私にはその辺りがよくわからない
政治とNHKとの間に何かあるからじゃないかなどという
下種の勘繰りさえしたくなる。

そもそも受信契約というものすらあやふやな現状に於いて、
徒に受信料、受信料と騒ぎ立てる意味とは、いったい何なのか

受信料がないとNHKは本当に立ち行かなくなってしまうのか
そういう部分に対する説明がまったくなされていないのに
何故我々はNHKに対して、無条件に受信料を払わなければいけないのか

受信料の義務化などという馬鹿を言い出す以上は、
そうした部分について、明快な説明があって然るべき
だろうに。
posted by KAZZ at 19:59 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ・メディア

2006年11月08日

政治家は消耗品か?

小泉前首相「政治家は使い捨て」…タイゾー議員「ショック」(スポーツ報知)
小泉前首相:復党に反発する新人議員にクギ(毎日新聞)
「政治家なんて使い捨て」=造反組復党に理解−小泉前首相(Yahoo!JAPAN/時事通信社)


小泉という人の手にかかると、政治家は消耗品と化すらしい。
きっと自らも消耗品として政治生活を全うなさるおつもりなのだろう。
それぐらい高邁な精神がなければ、とてもじゃないが
政治家は使い捨てにされることを嫌がってはいけない。首相も使い捨て
などと言い放てないであろう。

しかしながら、そのような意識でやっていたら、
消耗品としての政治家は逆に短絡的な思想にばかり走らんとするあまり、
現実離れした政策や思想を吹聴したり実行したりしようとして
それが理に適っているかどうかの検証もせず
強引に押し通そうとしてしまう傾向を強めるだけ
ではないのか?

そんな消耗品的思想に牛耳られる国民の立場というものを
小泉という人は考えたことがあるのだろうか
消耗品たる政治家たちの支配下で暮らす我々国民もまた、
彼らにとっては消耗品の一つに過ぎず、
お互いの消耗度を考慮せず手前勝手に力ばかり入れていたら
国家が破綻してしまう
ことだって考えられる。

そんなことに思いが至っているとは言い難い小泉のことだから、
今にこんなことを言い出すに違いない。

政治家が使い捨てであるように、国民もまた使い捨てなのだ」と。

もちろん、間違っても表立ってそんなことを言うわけはないと思うが、
彼のことだから本当に言いそうに思えるのが怖い。
posted by KAZZ at 21:26 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(政党)

2006年11月06日

学校という名の取り立て屋

徴収金未納で県内小・中学校 担任に「取り立て競争」も 県教組調査(西日本新聞)


教師はいつから「取り立て屋」になったのか。

給食費などの徴収金に関して、サラ金紛いの「取り立て」をやったり
そのような「取り立て」の多寡を競わせたりというのは、
何かが違うような気がする。

ただ、一つ留意しておきたいのは、
そのような徴収金を払わない方にも問題がある、ということだ。
特に支払い能力を有しながら払っていないというケースには
重々注意しなければなるまい


それにしても、教師が取り立て屋をやるというのは、正直感心しない。
ひょっとして、徴収金の額が過去と現在では違っているのかもしれないが、
それでも度を超したやり方では、逆効果になるだけだ
一度、徴収金そのものの在り方を見直してみた方がいいのではないか。
そんな気がする。
posted by KAZZ at 20:21 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内事件・社会

2006年11月03日

本日はお休みします。

本日の更新はお休みします。
posted by KAZZ at 19:10 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からの告知など

2006年11月01日

政治が教育に果たす責任って何だ?

未履修救済 政府、「補習50時間」で最終調整(産経新聞)

何か、ここ数日の慌ただしい動きを見てると、
とっとと「救済措置」なるものを決めてしまって、
一刻も早くこの問題をなかったことにでもしたい
ような、
そんな印象を受けてしまう。

そのような行状を見ていると、
教育に対する政治の側の態度として、
それってどうなのか
という気がする。

確かに教育現場(学校・教員・生徒・教委)にも
それぞれに一定の非はあると思う一方で、
国の教育施策を決めてるのは、じゃあ誰なの?
という話になった時、文部科学省と政府の責任論ってのも
やっぱり少なからずある
のではなかろうか。

政治が教育に果たす責任は重い
学習指導要領を定めるなどする以上は、
常日頃から相応の責任意識を持って臨まなければ、
制度的にも質的にも、教育の在り方がおかしくなりかねない


この問題の場合、重要なことは、必要な単位を
正常なやり方で取得させること
であって、そこに救済」だのという
ルール違反に対する甘やかし」を持ち込むことは
正常にルールを守ってきた学校や生徒に対して
著しい不公平感を与える
ことになってしまう

政治は本来、そのような不公平感をなくすために動いているのではないのか

例えば、NHKの受信料問題を考えてみればいい。
払わないのは不公平だからと、法的拘束力を持つ督促をすることを
政府は事実上容認しているではないか。
乱暴に言えば、それと問題の質は変わらないのである。

なのに、そのことには頬被りを決め込んで
救済」してやるなどとする居丈高なこの態度

政治の責任論を一切放棄するが如きこんな輩
声高らかに「教育改革」だなんて、ちゃんちゃらおかしい
posted by KAZZ at 20:02 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内政治(政党)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。