2006年11月22日

問責決議ねぇ・・・

知事問責案を可決 県議会どたばた 宮崎官製談合事件 追及方法各会派対立(西日本新聞)
宮崎談合:安藤知事への問責決議案を可決 宮崎県議会(毎日新聞)
知事の責任を問う決議(宮崎県議会)


こういう無意味なドタバタ劇をやっていると、
知事だけでなく、結局は議会の方も信頼を失ってしまう
のだが。
議会のお歴々はどうもそういうことが御理解できていない様子で、
よって問責決議」などという法的拘束力も何もない
単なる口頭による「お叱り」程度でお茶を濁してしまう
のだろう。

それでなくても昨今、似たような事例が続発しており、
特に知事の逮捕にまで結びついた事案が2件連続しているのに、
こちらはまた随分とのんびりしている印象を受ける。

議会というのは、そもそも知事の施策などに対しての
チェック機能を有しているのではないのか?

その機能が果たせないのなら、議会の存在意義すら疑わしくなる
そんなことで、よく県会議員でございなどとやっていられるものだ。
よほど問題意識が薄いとしか考えられない

もし今回の件で知事が逮捕なんてことになってしまったら、
宮崎県議会はどのように責任を取るつもりなのだろう?
posted by KAZZ at 19:42 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 地方自治一般

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。