2006年12月29日

今年もあと数日

例によって、今年も何やらかんやらと与太をぶちまけてきた。
与太話しか書けないので、仕方がないこととはいえ
まったく、よく続くもんだと思う。

今回は、2006年を振り返ってみようかとも思ったが、
振り返るのも嫌になるぐらい馬鹿馬鹿しい1年だったと思うので、
敢えてそれはやらないことにした。

小泉内閣にせよ、安倍内閣にせよ、
「改革」を謳い文句にしているわりには
ためにする改革にしか邁進せず、
本当の意味で国民本位であったかどうかは非常に疑わしい。
そんな内閣の下で我々は暮らさなければならんのである。

国を実質的に動かしていく連中からしてこれだから、
ライブドアだの村上ファンドだの近未来通信だの耐震偽装だのいじめ自殺だの
次から次へと問題が勃発し、ろくな解決も見ずに山積していく。

おかしいのは国だけではない。地方だっておかしい。
年の終盤に立て続けに3県もの知事が捕まった。
いずれも談合絡みである。
そこでは多選の弊害ばかりが言われ、
知事の権力構造にまつわる問題は誰も口にしようとしなかった。
手をつけにくい問題より、アピールの簡単な問題にしか注目しない。
それが今後にどれだけの弊害を残すのか。

そして、捕まった知事の中には「改革」を声高に標榜する者がいた。
どうやらこの国の(地方・国会を問わず)政治家は
「改革」とさえ口にすればある程度の信頼を得られるものらしい。
だからみんなして、バカの一つ覚えよろしく「改革」としか口にしないのだろう。

そういう実態の見えづらい言葉でいつまでも国民を騙せると思っているのなら、
それはとんだ間違いであることに、政治家諸氏はそろそろ気がついていただきたい。
「改革」という言葉の浪費は、本当に実行されるべき「改革」にとって
何一つ有益ではない。むしろ弊害にしかならないものだ。


来年もたぶん、私は政治や社会にまつわるくだらない与太や
見当外れな文言を書き続け、このブログで適当に独りごちると思う。
真面目に読んだところで何の説得力もないこんなブログに
ある程度の人が来てくれるのは本当に有難いことである。
この場を借りて、心より感謝したい。

暮れも押し詰まる今日この頃、皆様、良いお年を。
では、また来年。
posted by KAZZ at 17:52 | 島根 ⛄ | Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題

2006年12月27日

年内の更新予定

29日の更新が年内最後になります。
posted by KAZZ at 20:15 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からの告知など

で、調査ってのはどうなったの?

佐田行革相が辞任を表明 政治資金報告書問題で引責(産経新聞)


立場が苦しくなったら「辞任する」と言えばそれで済むらしい、
閣僚という仕事は随分と重みがないもののようである。


ことの発端は、政治資金報告書に虚偽の記載をしたとのことで
行政改革担当大臣の佐田玄一郎が吊し上げられたことにある。

架空事務所に経費7千万 佐田行革担当相の政治団体(中日新聞)

そこまでのことが明らかになっていながら、
佐田本人はというと「調査する」の一点張りで、
いったい何を「調査」するのかと失笑を買う始末

内閣官房長官もお人好しな御仁らしく、
政治責任は調査結果を見て」などと言い出してしまう。

佐田氏の政治責任 官房長官「調査結果踏まえ判断」(産経新聞)

で、結局、「調査」とやらは何処へやら、
佐田は自分の首っ玉を差し出すことで事態を収拾させようと思ったようで、
大臣を辞任することを表明をし、安倍晋三もこれを了承したらしい。


ところで、佐田が言っていた「調査」とは、どうなったのであろうか
そもそもそんな「調査」自体に何の信憑性もないとはいえ、
自分で「調査」すると言い出したからには、
それなりのものを出さなければ誰も辞任を潔いとは思わない
だろう。
しかし、どうもそういうものは出さないまま、
大臣さえ辞めればいいと思っている
らしい。

こういうナメた態度の御仁が、行政改革を担当する大臣をやっていた。
改革すべきは、行政よりまずてめえの政治団体であろうに。
こんな御仁を任命した安倍晋三の責任意識とは、
如何ほどのものなのであろうか。この種の迷走を見るにつけ、
それはやはり相当に軽いものだろうと思わざるを得ないようである。

こんな総理大臣にこの国を任せて、果たして大丈夫なのか?
posted by KAZZ at 19:36 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(政党)

2006年12月25日

片山善博、去る

片山知事出馬せず(日本海新聞号外・pdf)
片山知事が不出馬 来春鳥取県知事選(日本海新聞)
退任後は「全く白紙」と片山知事(日本海新聞)
片山知事不出馬で民主党県連が緊急3役会へ(日本海新聞)
自民党が年明けにも知事選候補者人選へ(日本海新聞)
片山知事が不出馬 「10年が限度」(山陰中央新報)
片山・鳥取県知事が3選不出馬表明(讀賣新聞)
鳥取知事選:片山知事が3選不出馬表明(毎日新聞)


・・・とまあ、こういうことになってしまった。
鳥取県知事・片山善博は、3期目に出馬しないことになった。
10年は長い、ということで2期8年で自らお役御免を宣言した

鳥取県西部地震での迅速且つ手厚い対応や、
各種事業の見直しその他行政の改革で成果を出し
世に「改革派」と呼ばれる知事ではあったが、
無意味な論争を吹っ掛けて目立とうとしたり
わけのわからない「人権救済条例」でミソをつけてみたり
挙げ句の果ては裏金発覚でノックアウトであった。

この時期のこのような表明というのには、
世の「首長多選阻止」の流れに乗ったということもあろうし、
もう1期やっても、問題ばかりが浮き彫りになると思ったからでもあろう。

誰が次の知事になるのかは知らないが、次に知事になる人物が
果たして片山的な改革路線を丸ごと継承するのか
片山流に幾分の改善を加えた路線を進むのか
あるいは、まるで違うことをやろうとするのか
その辺に注目しつつ、来春の鳥取県知事選を見ておく必要がありそうだ。
posted by KAZZ at 19:46 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 地方自治一般

2006年12月22日

一身上の都合

私も折に触れて「一身上の都合」という表現を使うが、
そういう表現を用いる場合はほぼ大抵、
人様にお知らせするほど大層な所用ではないことがほとんどで、
そうでなければ、このような表現は使わない。

さて、そんな「一身上の都合」という表現を
とある案件の釈明をする中で、実に13回も使ったという
何が言いたいのかよくわからない御仁がいらっしゃる。


本間税調会長辞任 安倍政権にまた打撃(スポーツ報知)


政府税調の会長が、しょうもない不祥事を起こした責任を取って
職を辞した件
について、釈明を求められた総理大臣・安倍晋三は、
この「一身上の都合」なる表現を13回も用いたばかりか、
やむを得ない」なる表現も11回用いたと、記事にはある。

斯様な枝葉末節からも窺い知ることができるように、
表現力の足りない御仁が総理大臣などという重職に就くと、
いざというときに困らなければいけない


そういえば安倍という人は、施政方針演説に於いても、
妙ちきりんなカタカナ語を駆使して世の失笑を買っていたが、
どうやら言葉のセンスを持ち得ない御仁であるらしいことが
ここに改めて確認できたと言える。

政治家はある程度、言葉を使う商売である。
であるからこそ、自身の言葉には必然的に一般人以上の責任が生じ、
その重みは我々の発する言葉よりもずっと重い
と見られる。
それ故に、言葉を弄しすぎるのもいけないし、
言葉を出し惜しみしすぎるのも良くない
言葉の使い方に常に細心の注意を払うべき商売である。

そのようなことが、この総理大臣にはわかっていないのかもしれない。
そもそも、そんな御仁がどうして総理大臣になれたのだろう。
そこがよくわからない。


それにしても、本間前会長に於ける事象を巡って、
何故そこまで「一身上の都合」だの「やむを得ない」だのと
本質をぼやけさせなければならないのだろう。
必要な説明責任を果たさないリスクを背負ってまで
本間という御仁を庇い立てしなければならない理由とは、
いったい何なのであろうか


もしもかかる質問を安倍にしたら、やはりこの会見と同じように、
一身上の都合」だの「やむを得ない」だのと言われて
有耶無耶にされるだけなのだろうか。
posted by KAZZ at 19:48 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(内閣・政府)

2006年12月20日

本日の更新はお休みします。

本日の更新はお休みします。
posted by KAZZ at 21:46 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からの告知など

2006年12月18日

またかいな・・・

広島県知事の辞職勧告決議案を可決 県政史上初めて(中国新聞)


今度は広島か・・・。

ここのところ、この種の話が非常に多い。
いったい全体、地方自治の現場はどうなっているのか、という。

ともかく、これだけいろいろと問題が発覚している以上、
知事にまつわる権力構造を本当に変革していかないと
今後も似たような事例が多数発生していき、
その度に上を下への騒ぎになってしまう
であろう。

知事にそこまで権限が集中しなければならない
現在の権力構造
というのは、果たして正当なのかどうなのか

まずはそこから検証していかないといけないのではなかろうか。

まだ問題事例が発生していないからといって、
決して油断してはいけない
何処にでも、この種のことは起き得るのだから。
posted by KAZZ at 20:00 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 地方自治一般

2006年12月15日

過去の人

メディア再登場ホリエモンの不可解(讀賣新聞)
堀江被告「日本は共産主義社会」(スポーツニッポン)

既に過去の人となってしまった感のある堀江貴文が
ここ最近、メディアにやたらと露出している。

未だに堀江自身は自分を注目の的だと思っているようだが、
もはやそう思っている人の方が少なくなったと思う。
それほど、人々の興味の移り変わりは早いものである。

あれだけ注目を一時的にドカッと浴びた堀江は、
今も自分が注目を浴びていないと納得できないのかもしれない。
しかし、今の彼が注目を浴びたところで、いったい何があるというのか。
恐らく、世間的には何もないだろう。
ついでに言うなら、堀江にとっては裁判上、あまり良くないと思われる。

・・・こんな人物を未だに追いかけなければならない日本のマスコミとは
よほど発想が貧困な連中の集まりなのかもしれない。
posted by KAZZ at 20:36 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴドア

2006年12月13日

ためにする改革

安倍首相「顔」見えず 改革イメージ、後退感(産経新聞)

安易に「改革」なる言葉を掲げてはみたが、
その実ろくに「改革」とされるものができていない

それが改革」を掲げた内閣の現実である。

改革」を口にすれば誰でもついてきてくれるというものではない

大事なことは如何にうまく優先順序をつけて
一つ一つの政策を着実に考えて実践していくか
なのだが、
昨今の風潮なのか、何事もインパクト重視
打ち上げ花火はジャンジャン上げるのに、その後始末をしないものだから、
結果として「改革」がなされていないように見えてしまう。

安倍内閣が行おうとする「改革」は、
それ自体が国家を良くする手段ではなく、政治目的化してしまっている
つまり、改革によって国家の未来を少しでも良くしようとするのではなく、
政治の目的として「改革」することだけしか考えていない
ので、
それが将来の日本にどういう影響を及ぼし、如何に良くなっていくのか
というような見通しがまるで見えてこない
ものになっている。

小泉内閣の頃からそうだったが、このような「ためにする改革」が
却って日本の国益を損ねかねないことも十分考えられる
のに、
その辺に目配りがないために、とにかく二言目には「改革」と言って
見た目の勢いを盛り上げようとすることしかできない


外資50%超でも献金OK 政治資金規正法を改正(産経新聞)

例えば、このようなものも政治にとっては「改革」の一環なのだろう。

しかし、この法改正がどのように日本の国益に適うのかという説明
残念ながらなされていない
ようである。
国民の与り知らぬところで、こういうことがどんどん起きている。

安倍晋三は自身の内閣をして「国民本位内閣」と言ったそうだが、
かかる現実を見るに、「国民そっちのけ内閣」とでも改称した方が
もっと正確にこの内閣の現実を表しているのかもしれない。
posted by KAZZ at 20:16 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(内閣・政府)

2006年12月11日

正しい和食とは?

ちょっと趣向を変えて、
面白い記事を見つけたので全文引用してみる。


「正しい和食」認証制度に米メディア猛反発(産経新聞)

<引用開始>

 【ニューヨーク=長戸雅子】日本の農水省が世界にある和食レストランを「正しい和食」と認証する新制度の導入を検討していることに、和食ブームが続く米国のメディアが次々に反応している。ワシントン・ポスト紙が「国粋主義の復活」と報じれば、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は「日本がスシ・ポリスを派遣する」と揶揄(やゆ)、巻き寿司の「カリフォルニア・ロール」発祥の地ではロサンゼルス・タイムズ紙が「論争の火種になる恐れがある」などと警告し、さながら“日米食文化摩擦”の様相だ。

 農水省は認証制度の検討について「食材や調理法が本来の日本食とかけ離れた料理を提供している日本食レストランが増えているため」と説明。 現在全米に「日本食」を掲げるレストランは9000店あり、10年間で2.5倍に増加。このうち日本人、日系人がオーナーの店は10%以下に過ぎず、経営者の多くが中国、韓国などアジア系の移民という。 

 和食激戦地のニューヨーク市マンハッタン・ミッドタウンにある小さな和食店もそのひとつ。オーナーをはじめスタッフは全員中国人で、顧客の9割以上は米国人という。

 スタッフの一人は「日本政府の好みに味を合わせても意味はない。レストランは地元産業。地元の人が好む味に合わせ、創作するのは当然」と認証制度の意義に首をかしげる。

 米最大の和食のメッカであるカリフォルニア州では、ロサンゼルス・タイムズ紙が伝統的な和食でない「カリフォルニア・ロール」などを挙げながら米国人が好む和食と農水省の判断に違いが生じる可能性を指摘。「米政府がアフリカや香港や韓国でアメリカ料理の認証をやろうとするだろうか」という韓国系米国人の和食店オーナーの声を紹介している。


<引用終了>


よく似た制度で有名なのがイタリアのそれである。
(↓のpdfの7ページ目以降に掲載)

海外におけるレストラン認証制度について(農林水産省・pdf)

正統な日本文化としての「和食」を広めようとするのであれば、
別にこれぐらい普通
なのではないか。

それを「国粋主義の復活」だのと言い出すのは、
食も文化の一つと位置づけていない大雑把な国の言う戯れ言みたいなものだ。

どうも、アメリカのメディアは「自国の文化を尊重する姿勢」というものが
相当にお嫌いな連中ばかりいるらしい。
他国に自分の国の価値観を押し売りして回るのは平気なくせに、
受けに回ると途端にこれだから始末が悪い

思うに、アメリカという国は、自分の国の文化というものを
実は相当に軽視している
のではなかろうか。
そのような「文化」を軽視する国だからこそ、
他国が自身の文化を重視するのが信じられないのかもしれない。
だから、あのような言いがかりをつけるしかないのだろう。

どの国にも固有の文化は存在する
最低限、それは尊重しなければならない
その「文化」の一端を持ち込んで商売にしようというのであれば
尚更
ではなかろうか。
それが持ち込もうとする他国の文化に対する一種の礼儀だと思う。

アメリカは紛い物の和食で日本の文化を疑似体験させることを
良しとしようと思っている
のだろうか。
だとしたら、それは相当な文化的貧困の表れではないのか。

かかる国が「文化」を大っぴらに論じる資格は、
あまりないような気がする
のだが・・・。
posted by KAZZ at 20:22 | 島根 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 海外事件・社会

2006年12月08日

みんな捕まる

宮崎談合:安藤前知事を逮捕 競売入札妨害容疑で(毎日新聞)


こちらさんも遂に捕まったようで。

いずれ捕まるだろうと思っていたが、遂にこの日が来たという印象である。

こうなってくると、入札システムの改善と共に、
知事に一極集中しやすい現在の権力構造を
どのように分散軽減していくか

併せて議論し、実行していかなければなるまい

これらを改善できて、初めてこの種の事件が
減っていく端緒になる
かもしれない
のだから。
posted by KAZZ at 19:02 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 地方自治一般

2006年12月06日

バカげているとか言われても

迎撃しないのは、ばかげている 米向けミサイルで副次官(中国新聞)

いや、バカげているとか言われても
じゃあその「バカげた」憲法を作らせたのは何処のどの国なのか、という。

元はと言えば、アメリカがそうさせたのであって、
それを今更、憲法解釈を変えろとか言うぐらいなら、
最初からそういう流れを残せるような憲法を作らせたら
それで済んだ話
だというのに。

アメリカのそういう方向付けが、
結果として今の擦った揉んだを生んでいる
ということに
もう少し思いを至らせてくれないと困るのだが・・・。
特に、日米同盟云々と言いタレるのであれば、尚更だ。
posted by KAZZ at 19:58 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(その他)

2006年12月04日

甘んじて受け流す

復党批判「甘んじて受ける」=当選2回議員と懇談−安倍首相(Yahoo!JAPAN/時事通信社)

安倍の真意は「甘んじて受け流す」じゃないのかという気がするが・・・。

安倍にとって、民意など実際の話、どうでもいいようで、
だからこそ選挙結果を無視した暴挙を平気でやってしまえる
それをしゃあしゃあと「批判は甘んじて受ける」と言って
誤魔化しきれると思っているのだから、
安倍晋三という御仁は我々平民には理解し難いほど
相当にお目出度い思考構造をお持ち
なのだろう。

できれば、来年の夏にある参院選の頃までに
このようなことを忘れてほしい
とでも思っているに違いない。

だが、そうはいかない。

この上に落選組の復党まで画策しようものなら、
忘れるどころか更に国民の脳裏に刻みつけられよう

安倍ら郎党にとっては残念なことかもしれないが、
人々の心を読み誤ると、もっと酷い目に遭うだろうことを
努々肝に銘じておいてほしいものである。

まあ、無理だろうとは思うが。
posted by KAZZ at 19:24 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(政党)

2006年12月01日

堕落する自由民主党

片山さつき、佐藤ゆかり氏が採決無断欠席(日刊スポーツ)
片山・佐藤議員が法案採決を無断欠席、委員除外も(讀賣新聞)


小泉チルドレンだか何だか知らないが、
この御両人は国会議員の職責というものを
いったい何だと思っているのだろう?


「刺客」だからとチヤホヤされる時期はとっくに過ぎており
今の彼らは単なる自由民主党の一兵卒に過ぎないはずなのだが、
斯様な事態を平気で起こして、愚にもつかない言い訳までしている

こんな連中に委員の座を割り振ること自体、滑稽の極みだが、
そうせざるを得ないのが自由民主党という政党らしい。

更に、こんなことまであった。


「復党問題を考える会」設立2日で“店じまい”(讀賣新聞)


自分たちの存在意義を是が非でも認めさせようと
張り切って結成したはずの会
を、僅か2日間でおシャカにしてしまった
そのようなことになってしまった直接の原因は
彼らが最もアピールしたかったはずの郵政問題造反組復党問題で、
小泉から復党を容認する発言をされたから
らしい。
その程度で挫折するような会なら、最初から作らなければいいのに

このような事実からも、彼らの浅はかさが見て取れようし、
もっと言えば、この程度の人材しか確保できなかった
自由民主党の底の浅さを見ることも可能
である。

こんなことでは先が思いやられるし、
いずれこういう連中が中心を担うような時代になった時、
堕落の度合いが更に進んでしまって、取り返しのつかない事態が起きた
なんてことにもなりかねない


どうやら小泉チルドレン」なる連中は
相当なスカばかり
だったのかもしれない。

そう思いたくなる、一連の騒ぎである。
posted by KAZZ at 19:54 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 国内政治(政党)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。