2006年12月11日

正しい和食とは?

ちょっと趣向を変えて、
面白い記事を見つけたので全文引用してみる。


「正しい和食」認証制度に米メディア猛反発(産経新聞)

<引用開始>

 【ニューヨーク=長戸雅子】日本の農水省が世界にある和食レストランを「正しい和食」と認証する新制度の導入を検討していることに、和食ブームが続く米国のメディアが次々に反応している。ワシントン・ポスト紙が「国粋主義の復活」と報じれば、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は「日本がスシ・ポリスを派遣する」と揶揄(やゆ)、巻き寿司の「カリフォルニア・ロール」発祥の地ではロサンゼルス・タイムズ紙が「論争の火種になる恐れがある」などと警告し、さながら“日米食文化摩擦”の様相だ。

 農水省は認証制度の検討について「食材や調理法が本来の日本食とかけ離れた料理を提供している日本食レストランが増えているため」と説明。 現在全米に「日本食」を掲げるレストランは9000店あり、10年間で2.5倍に増加。このうち日本人、日系人がオーナーの店は10%以下に過ぎず、経営者の多くが中国、韓国などアジア系の移民という。 

 和食激戦地のニューヨーク市マンハッタン・ミッドタウンにある小さな和食店もそのひとつ。オーナーをはじめスタッフは全員中国人で、顧客の9割以上は米国人という。

 スタッフの一人は「日本政府の好みに味を合わせても意味はない。レストランは地元産業。地元の人が好む味に合わせ、創作するのは当然」と認証制度の意義に首をかしげる。

 米最大の和食のメッカであるカリフォルニア州では、ロサンゼルス・タイムズ紙が伝統的な和食でない「カリフォルニア・ロール」などを挙げながら米国人が好む和食と農水省の判断に違いが生じる可能性を指摘。「米政府がアフリカや香港や韓国でアメリカ料理の認証をやろうとするだろうか」という韓国系米国人の和食店オーナーの声を紹介している。


<引用終了>


よく似た制度で有名なのがイタリアのそれである。
(↓のpdfの7ページ目以降に掲載)

海外におけるレストラン認証制度について(農林水産省・pdf)

正統な日本文化としての「和食」を広めようとするのであれば、
別にこれぐらい普通
なのではないか。

それを「国粋主義の復活」だのと言い出すのは、
食も文化の一つと位置づけていない大雑把な国の言う戯れ言みたいなものだ。

どうも、アメリカのメディアは「自国の文化を尊重する姿勢」というものが
相当にお嫌いな連中ばかりいるらしい。
他国に自分の国の価値観を押し売りして回るのは平気なくせに、
受けに回ると途端にこれだから始末が悪い

思うに、アメリカという国は、自分の国の文化というものを
実は相当に軽視している
のではなかろうか。
そのような「文化」を軽視する国だからこそ、
他国が自身の文化を重視するのが信じられないのかもしれない。
だから、あのような言いがかりをつけるしかないのだろう。

どの国にも固有の文化は存在する
最低限、それは尊重しなければならない
その「文化」の一端を持ち込んで商売にしようというのであれば
尚更
ではなかろうか。
それが持ち込もうとする他国の文化に対する一種の礼儀だと思う。

アメリカは紛い物の和食で日本の文化を疑似体験させることを
良しとしようと思っている
のだろうか。
だとしたら、それは相当な文化的貧困の表れではないのか。

かかる国が「文化」を大っぴらに論じる資格は、
あまりないような気がする
のだが・・・。
posted by KAZZ at 20:22 | 島根 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 海外事件・社会

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。