2007年03月30日

統一地方選

44道府県議選、3700人立候補=民主擁立増、競争率上昇−15政令市議選も(Yahoo!JAPAN/時事通信社)

今日からいよいよ道府県議選なども始まった。
既にスタートしている知事選挙などと併せて、
統一地方選挙が本格化してきている。
今年ある幾つかの選挙のうちの、目玉の1つと言えよう。

我が島根県でも知事選と県議選が行われている。
知事選の選挙カーはそんなに来ていないようだが、
県議選の方は当該選挙区が結構激戦のようで
頻繁に来ているようである。

夏の参院選の前哨戦みたいに言われる今回の統一地方選だが、
それとこれとは別物と考えて臨んだ方がいいように思う。
なぜなら、地方には地方独特の問題が必ず存在し、
それらは中央政治の考え方だけでは対処しにくい部分があり、
中央の政局とリンクさせることは容易ではないからだ。

地方地域それぞれが抱える事情について
どんな方策を歓迎すればいいのか。
どんな方向性を出す人物に票を投じたらいいのか。
しっかり考えた上で投票してみてはどうだろう。

国会は国会、地方は地方。在り方は違うのだから。
posted by KAZZ at 20:03 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内政治(選挙)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。