2007年05月11日

何処かで見たようなものばかり

「ふるさと納税」制度に首相意欲(讀賣新聞)
記者クラブの存在再考を=東国原宮崎知事、また問題提起(Yahoo!JAPAN/時事通信社)

どちらも記事を見ていると、
何年か前に何処かで見たような話だな、と思ってしまう。

それも、どちらもやった方の思惑通りには必ずしもいかずに
尻切れトンボ気味になったようなケースばかり。

まあ、誰が言い出して、やったのかはここでは触れないでおくが、
いずれにしても今更こんな問題をサルベージしてきて
言い出そうとする政治的なセンスの無さはどうなのだろう。

特に「ふるさと納税」なんてのは
実際にやるとなると様々な弊害や障害が起きそうなことは
目に見えていそうなものだが、
選挙のための人気取りにこんなことを言い出す
内閣総理大臣様のお考えがさっぱりわからない。
やはり、あのような御仁には、下々のことなど理解できないのだろう。

一方の東国原知事については、今は特に何も言わないでおくが、
これがやがて知事主導のマスコミ選別などにつながっていくと
重大な問題が起き得るということだけは、注意しなければなるまい。
posted by KAZZ at 20:11 | 島根 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内政治(政治家)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。