2004年11月15日

小泉さん、どこが非戦闘地域ですかな?

イラクはドンドン泥沼化への道を突き進みつつある。
テロ組織による戦闘拡大宣言が行われたらしい。

さて、そうなると小泉首相にお尋ねしたいわけだが、
現状のイラクそのものが、既に「非戦闘地域」とは呼べない状況下で
なおも自衛隊を置いておくことの意義とは、いったい何なのかと。
同盟国だからと、ブッシュについていったら、この有様だろう。
戦争の泥沼に喜んで足を突っ込むバカがどこにいる。
藪をつついて蛇を山ほど出しているようなものではないか。
いい加減に、自らの愚挙に気づいてみてはどうか。

もちろん、テロリズムには断固たる姿勢で臨まなければならない。
そのことについては一切否定しない。

けれども、アメリカを中心とした連中が今、イラクでやっていることは、
単なるアメリカ流自由と正義の押し売り以外の何物でもないだろう。
そんなものは彼の国では誰も望んでなどいない。
思い上がりも程々にしないと、今に身の破滅を招くだけだ。

先だっての大統領選挙に勝利した勢いで、
ファルージャ攻撃に出て力を誇示しようとしたブッシュだが、
却って寝た子を起こしただけの結果に終わらんとする現状を、
彼はどう思っているのか。

ブッシュがいつまでも自分の過ちに気づかないようでは、
却って自分たちの首を絞めるだけだと思うが・・・。

ここはブッシュの盟友を気取る小泉首相に、ぜひ彼への箴言を・・・、

無駄そうなので、これ以上書くまい。
posted by KAZZ at 20:26 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(内閣・政府)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1043508
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。