2004年11月22日

靖国さえ持ち出せばいいと思っているのか?

中国や韓国という国は、日本が何か言うと、
必ず判で押したように「靖国」だの「軍国主義」だのと言い返してくる。

韓国とはさほど揉めるような事例も起きていないので、
殊更にそれが話題になることはないけれども、
懸案事項が多い中国は、何か機会があれば、すぐに「靖国」である。
彼らにはそれしかボキャブラリーがないのか、と思う。

APECのついでに行われた日中首脳会談においても、
この論調は変わらず、胡錦濤は「靖国云々」を言ったらしい
発想の貧困さとこじつけしかできない彼らの情けなさには、
呆れてものが言えない。

彼らは「靖国」さえ持ち出せば、
潜水艦による領海侵犯が免罪されるのだと本気で思っているのだろうか。
彼らは「靖国」さえ持ち出せば、
日本のEEZ(排他的経済水域)近くでのガス田開発を
日本に何の説明も断りもなくやって良いのだと思っているのだろうか。

ふざけるのも大概にしてもらえないか。
先の大戦に関しては、既に政治的な決着はついているだろう。
何を今更「靖国」如きで大騒ぎしなければならないのか。

中国が世界の大国を自負するぐらいならば、
たかが隣の小さい島国如きにそこまでナーバスになる必要もあるまい。
しかし、現実には未だに「靖国」、「軍国主義」というのが、
日本に対する論調の大半を占めているのだから呆れる。

こういう偏った思考しか持たない国に、
東アジアのリーダーなど任せて良いはずがなかろう。
経済が成長しすぎて、イケイケ思考になりすぎている。

中国はその意味で、今、確実にエアポケットにハマりつつある。
江沢民が掘ってしまった穴に、胡錦濤がハマった挙げ句、
彼以降の国家主席が更に深みにハマらせてしまうかもしれない。

そうなったら、尊大な彼らは助けを請おうとする時にも、
「靖国」だの「軍国主義」だのと言い出すのだろうか。
posted by KAZZ at 19:53 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 海外政治
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

小泉首相と胡錦濤主席の会談
Excerpt:  胡錦濤主席の話をどどーっと紹介しましょう   中日邦交正常化32年来,两国关系取得了长足发展。双方在各领域的合作成果显著。中..
Weblog: うねり
Tracked: 2004-11-23 15:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。