2004年12月08日

経済制裁しますか

やはり彼の国は信じられない大嘘つきであった。

横田めぐみさんの「遺骨」なるものは、真っ赤な偽物だったというのだ。
このほど、遺骨をDNA鑑定にかけた結果として、
そのようなことが判明したという。

以前にも同じく拉致被害者である松木薫さんの「遺骨」とされるものが、
やはり鑑定の結果、偽物であることがわかっているが、
今回もまた、同じようなことを北朝鮮は繰り返してしまった。

どうだろう。
これ以上、彼らにいい顔はしない方が良いのではないか。
直ちに経済制裁に踏み切った方が良いと思われる。

交渉チャンネルを途切れさせないためにも、
経済制裁はしない方が良い、という声があるのもわかる。
社会民主党のように、
「これ(虚偽の遺骨を差し出した件)はこれ、それ(経済制裁)はそれ」
などということを言っていては、
彼らに無用の猶予を与えるだけにしかならない。

仮にも日本は主権国家なのだ。
もっと言うべきことを堂々と言えば良いではないか。
まして、日本はこの問題に関しては被害者なのだ。
堂々と主張し、それが通らなければ、
それに見合う対応策を採るのは当然の話ではないか。
それをしないから、彼の国からナメられるのだ。

だったら、もう甘い顔をするのは止めにして、
厳しく、より真摯に、北朝鮮にものを言う方向にシフトして、
確実な情報を引き出すようにしていかなければ、
国際社会の笑い者になってしまう。

ただ、小泉にそれが出来るのかどうか、かなり不安はあるが。
posted by KAZZ at 20:06 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 海外政治
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

平成16年版「内外情勢の回顧と展望」 そして経済制裁
Excerpt:  拉致事件で、横田めぐみさんの遺骨とされていた骨がまったくの別人のものだったことをはじめ数々の虚偽報告が判明し、テレビ・新聞は見事に沸騰した。世論でもブログでも経済制裁を求める声が慎重論を圧倒させてい..
Weblog: つぶやき日記
Tracked: 2004-12-26 01:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。