2004年12月10日

ボーナスねえ・・・

公務員の冬のボーナスが支給された。

自慢じゃないが、私などこの6年ぐらい
ボーナスというものをもらったことがない。
ぶっちゃけた話、会社にそんなものを出す余裕がないのだ。

というようなこともあって、
どうしてもこの種のニュースには
一種のやっかみに似た感情を覚えたくなる。

民間企業は、コスト縮減に向けてあれこれ切り詰めている。
その涙ぐましい努力たるや、大変なものがある。

公務員は外からの圧力に鈍いのか何なのか、
コスト縮減の意識が薄く、
よって、このような人件費の垂れ流し行為も
平気でやってしまう。

昨年も減らしたのだから、
ついでに今年も減らせば良いではないか。
そういう「コスト縮減」の取り組みを見せることも
彼らの役目の一つではないのか。
posted by KAZZ at 20:19 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内事件・社会
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。