2006年02月01日

可能性のあるDMV

JR北海道にデュアルモードヴィークル(DMV)なる車両があるそうだ。

DMV:これって列車?バス? 北海道で営業運転へ(毎日新聞)
JR北海道「デュアル・モード・ビークル」(Railfan)

20世紀初頭頃からこうした車両の開発はあったそうだが、
このJR北海道版DMVは、鉄道車両をメインに据えるのではなく、
道路上を走るバスを鉄道用車両と兼ねるという発想で
製作された
ようである。

現在は試作段階だそうだが、本格実用化という段階になると
相当な引き合いが来そう
な気がする。
安全基準をどのように設定するべきかという問題は残っているが、
それさえ明確にクリアできれば、様々な局面での利用が見込めそうだ。

例えば、零細なローカル線や第3セクター鉄道などではいいかもしれない。
また、都市近郊のシャトル路線にも利用できる可能性がある

ともかく面白い存在であることは間違いないDMV。
早急な課題の克服と本格実用化が望まれるところだ。
posted by KAZZ at 19:49 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内事件・社会
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。