2006年02月09日

国会論議を欠席理由にしないでもらいたい

北方領土大会 首相欠席、代読なし 答弁準備を優先(産経新聞)
北方領土大会 首相欠席、代読なし 答弁準備を優先
(Yahoo!JAPAN/産経新聞。上の記事と同一内容です)
領土大会欠席に批判 首相「閣僚に託した」(Yahoo!JAPAN/共同通信社)
<小泉首相>北方領土返還大会欠席 参加者からも疑問の声(毎日新聞)

そりゃまあ、国会審議でクソ忙しいのはわかるが、
それを北方領土返還要求全国大会の欠席理由にしていいものかと思う。
しかも、それなら某かのメッセージを託して
当日の他の出席者に代読してもらう
方法もあろうに、
小泉はそれさえもしなかったらしい。

要するに、小泉にとっては北方領土問題なんて
もはやどうでもいい
こと
なのだろう。
だからそんな態度を取る。
こんな調子じゃ、竹島の日にだって無関心に違いない

関心が薄いとかないとか、どっちでもいいが
それならそれでハッキリ言えばいいだろう。
その方がまだ多少はマシだろうに。
自身の無関心を、よりによって国会審議なんぞで糊塗するな
そもそも領土問題は構造改革よりも軽んじられるべき話なのか?

とにかく、如何なる理由があったにせよ、
何かが決定的に間違っているような気がする
posted by KAZZ at 00:21 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(領土問題)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。