2006年02月20日

興味がないだけでしょ、この人たちは・・・

「竹島を守る会」が街頭活動(山陰中央新報)

2月22日の竹島の日も近い。
上の記事のように島根県民(だけではないが)有志の方々による
啓発活動も活発となっている

やはり我が国固有の領土に関わる問題であるだけに、
関心もはるかに高いのだろう


と、このように民間レベルでの関心が高まっているというのに、
政治家や役人共ときたら・・・

竹島の日:啓発イベントに省庁、国会議員は出席せず(毎日新聞)

上の記事を全文引用してみる。

<引用開始>

 島根県が条例で定めた「竹島の日」(2月22日)当日に開く啓発イベントに、外務省と水産庁の担当者、県選出国会議員がいずれも出席を見送ったことが分かった。韓国を刺激しないよう配慮したとみられ、「国から関係者を呼んで全国的な世論喚起につなげたい」とする県側と温度差が出た格好だ。

 県は22日、「竹島の日」を記念する式典「『竹島の日』の集い」と、県内外の専門家らが竹島問題の論点を整理する「竹島を考えるフォーラム」を松江市で開催する。これに向け、1月31日付で外務省北東アジア課と水産庁国際課、県選出の国会議員5人へ招待状を送った

 しかし、両省庁から相次いで欠席の連絡があった。外務省北東アジア課は「日韓関係の現状なども含め、総合的に判断した。地方自治体が主催するイベントで、政府が必ず出席するという性質のものでもない」と説明している。

 国会議員も全員が本人は出席しない細田博之衆院議員の事務所は「国会のヤマ場でもあり東京を離れるのは不可能」としている

 条例制定前の03年11月に隠岐の島町(隠岐諸島)であった「竹島・北方領土返還要求運動島根大会」には、両省庁担当者のほか県選出の国会議員全員が出席していた

 「竹島の日」は、日韓に争いがある竹島の領土権確立を求め、県が昨年3月、条例で制定した。


<引用終了・太字赤字部分は引用者による>

2月22日の竹島の日に、松江市の島根県民会館において
竹島の日の集い・竹島を考えるフォーラムという啓発イベントが行われる。
で、それに出席してもらえるようにと、
外務省・水産庁の役人や県選出の国会議員宛に招待状を送ったところ、
記事にもあるように全て断られてしまったそうである。

やれ「総合的に判断」だの「国会のヤマ場」だの、
エクスキューズを並べ立てるのは結構だが、
要するに竹島問題にろくに関心を抱いていないのだろう。
だからそのようなつれない態度を取る

かかる連中など来てもらわなくても良い
どうせ来たところで、適当に挨拶をしたあと、
来賓席に眠そうな格好でのほほんと鎮座して、
飾り物の如くその場にいるだけでしかない
のだろうから。
それならば、もっと竹島の問題に感心のある人に来てもらった方が
はるかに有意義だ
と思われる。

私も本当なら行ってみたいところだが、
仕事もあって行けないのが残念だ
posted by KAZZ at 20:06 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(領土問題)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。