2006年02月27日

推移が見物だが

まずは、以下の記事を全文引用してみる。

長野・百条委報告書:田中知事の虚偽証言を盛り込む(毎日新聞)

<引用開始>

 長野県議会調査特別委員会(百条委)は27日、田中康夫知事の元後援会幹部による県下水道事業への働きかけに関する公文書公開請求問題について、田中知事が同委で虚偽の証言をした事実などを盛り込んだ調査報告書を可決した。

 偽証は地方自治法違反容疑での告発対象で、本会議で報告書が可決されれば田中知事の告発を求める議案が県議会へ提出されるとみられる。

 報告書は田中知事が県下水道公社改革にかかわる証言でも偽証したと認定し、百条委への出頭拒否や記録提出拒否のほか元県課長の偽証など告発対象となる事実も盛り込まれた。【中山裕司】


<引用終了>

とまあ、このようなことになり、今後の推移が見物ではある。
ただ、拙速は禁物。それで失敗した公党もあるわけで、
その意味でも、今回こそ慎重さを求めたい
posted by KAZZ at 19:30 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 田中康夫長野県政
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。