2006年03月13日

まだブロガー相手に何かやってんのか、こいつらは

昨年の衆院選直前に、自由民主党がブロガーを集めて
何かこうくだらない集まりをやっている
ということを題材に
エントリを立てたことがある。
あれはてっきり一過性の集まりかと思っていたら、
未だにこんなことをやっている。
記事を全文引用しよう。

永田町、ブログに触手 人気作者取り込み情報発信 総裁選、活用も(産経新聞)

<引用開始>

 永田町が「ブログ(日記風簡易ホームページ)」に急接近中だ。「双方向」が売りのブログは開設者も閲覧者も激増しているため、メッセージをうまくネットに乗せられれば目覚ましい政治活動を展開できる。半面、ニセ情報が独り歩きしたり、批判が殺到しブログ閉鎖に追い込まれたりする落とし穴も。政党による人気ブロガーの取り込みが活発になるなどブログの政治的影響力も拡大しそうだ。(加納宏幸)

≪懇談会≫

 東京・永田町の自民党本部に今月七日夜、約三十人の人気ブロガー(ブログの作者)、メールマガジンの筆者が集まった。毎月の閲覧数が一万−三十万件で「偏った考え方のない」(同党)筆者たちだ。

 若い人が目立ったが、元空将で安保問題を中心にブログで活躍する軍事評論家、佐藤守氏(66)の姿もあった。総選挙前の昨年八月に初めて開かれてから三回目となる懇談会の今回のテーマは自民党新憲法草案。

 「今日は本音でお話しします。何がメーンターゲットかというと憲法九条を変えることですよ」

 草案を取りまとめた舛添要一参院議員はこう切り出し、要点をテンポよく説明した。その後、ブログへの書き込みは好意的だった。舛添氏を「カッコイイ」と持ち上げるブロガーもいた。

 懇談会は最初から順調だったわけではない。一、二回目は自由討論のため議論が拡散し、ブログでの評判は芳しくなかった。手探りで得た結論が、テーマ設定の重要性。懇談会を企画した世耕弘成参院議員は、民主党を念頭に「ブロガーとの付き合いでは自民党が主導権を握っている。誠実に継続してやっているからだ」と語る。

≪炎上≫

 ブログを開設する国会議員も次第に増えているが、民主党の長島昭久衆院議員は閲覧者からの反応に慌てた。二月二十二日、「堀江メール」問題で「この勝負、絶対勝てる」とブログで前原誠司代表を応援したのがきっかけだった。同日、閲覧者から寄せられたコメントは前日の四十六件を大きく上回る七百七十三件。ほぼすべてが批判で、反省とおわびを書き込んで収拾を図った。

 「ブログの双方向性に対し深い認識を持っていなかった」と長島氏。

 閲覧者はブロガーの書き込みが気に入らないと、別のブログや掲示板で他のネット利用者に伝える。その結果、ブログのコメントが雪だるま式に増えるのが「炎上」「祭り」という現象だ。

 炎上した場合、ブログ閉鎖に追い込まれることも少なくない。長島氏は手探りで切り抜けた。「現代社会で政治活動を行う以上、不特定多数に情報を発信し、生の世論と向き合わなければいけない」と考えたからだ。

≪集票力≫

 世耕氏は七日の懇談会後、自身のブログに「次々回は総裁候補のそろい踏みだと面白いかも」と書き込んだ。総務省が昨年五月にまとめたブログに関する動向調査は「ブログへの書き込みは社会的イベントと連動する傾向」があると指摘しており、総裁選や選挙ではブログの波及効果をどう利用するかが候補者の集票力に直結する。

 自民党は今国会にHPによる選挙運動を解禁する公職選挙法改正案を提出する方向で党内調整を進めており、政治活動でのブログの出番は急増しそうだ。

                   ◇

【用語解説】ブログ

 「ウェブログ」の略で、日記のように個人の意見や出来事を書き込んでいくウェブサイト。閲覧者が意見を書き込む「コメント」や、他のブログへのリンクを張る「トラックバック」機能が特徴。一方的に情報を発信するホームページと比べ、作者と閲覧者の双方向性が高い。総務省によると、わが国のブログ開設者数は473万人(昨年9月末現在)。同省は昨年3月末現在約1650万人だった閲覧者数が、来年3月末に約3500万人まで増え、2年間で倍以上になると予測する。

 韓国では2000年の総選挙でネット上で候補者の疑惑を暴き立てる「落選運動」が盛り上がり、2002年大統領選でもニュースサイトや掲示板での好意的評価が盧武鉉大統領誕生につながった。


<引用終了>

私は以前のエントリで、以下のように書いた。

>どうせ自分らに好意的なブログやメルマガの連中に、
>自由民主党へのおべんちゃらでも書かせる
つもりなのだろうが、
>他人の褌で相撲を取ろうとするヒマがあるのなら、
>まず自分らがブログなりメールマガジンなりをやったらどうか

>(中略)
>それに倣って自由民主党もやればいい。
>他人におべんちゃらを書かせる前に、そんなものは自分たちでやれ
>ブロガーは決して政治家や政党の尖兵などではない
>自らの意思を持ってブログなりメルマガなりで意見を表明しているだけだ
>決して固有の政党のパブリシティに終わるようなものではない
>あくまで書き手の意思は尊重されなければならないし、
>そうしたパブリシティはむしろ他人の手を頼まずに
>自分たち独自でやってこそ実を結ぶものだということが
>どうも自由民主党のお歴々には理解できないらしい。
(原文ママ)

ブロガーを取り込んでパブリシティをやってもらおうなどという
セコい考え
に未だ固執している
らしい自由民主党には、
自分たちがメディアたらんとすることへの度胸が
どうやら著しく欠如している
ようである。
単にテレポリティクスネットポリティクスになっただけで、
それも「ブロガーとのつきあい」と称する一方的な囲い込みをして、
自民党が主導権を握っている」などと言い出す
この厚顔無恥さ加減は、いったいどこから出てくるものなのか。

再三言うように、自由民主党が主体となって情報を発信してこそ
(その母体として、当然ながらブログを利用する)
それに対するレスポンスがあり、そういうやりとりの繰り返しから
ネット上の政治展開が自由民主党主導で進んでいくであろうに、
そういう原則論に背いて何をやっているのかと思ったら、
未だにブロガーを取り込んでの無意味な囲い込み作戦である。
自由民主党は努力の方向を明らかに間違えている

ハッキリ申し上げよう。こいつら、特上のバカだ。

自由民主党が提示する政策をどう思おうが、
基本的にブロガー個々の勝手
ではないか。
それを良いと思えば賞賛するし、悪いと思えば批判する
それだけの話である
政党がブロガーを抱え込むということは、逆に言えば
政党がそれらブロガーに一定の表現の枷をはめることと同義であり、
つまり、政党主導の言論統制と同じことになりかねない。
それはつまり、ブロガーの思考停止を促し、もっと言えば
ブロガーの表現の自由を束縛することにもつながる

私自身はこのような囲い込みに与する気はない
(そもそも誘われるわけがない)
固有の政党のパブリシティに駆り出されるなんて、
たとえ何処か固有の政党を支持しているとしても、私は嫌だ
そんなパブリシティは政党自らの手でやっていただきたいし、
それらに対する責任も、当然政党自らが全部負っていただきたい
そんなことに在野の他者を自分の都合で巻き込んではいけない
posted by KAZZ at 20:25 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | 国内政治(政党)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14763448
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ブロガーに触手を伸ばした自民党
Excerpt: 自民党は3月7日夜、党本部に30名のブロガーとメルマガ筆者を集めて、第3回目の懇談会を開いた。党本部によると、彼らは「偏った考え方のない」方々だそうだ。 「ブロガーとの付き合いでは自民党が主導権を握..
Weblog: エヌのブログ
Tracked: 2006-03-14 00:17

ここがヘンだよ 日本国憲法 その3
Excerpt: 「日本国憲法は正義の組織メリケンによって改造された憲法である。正義の証として、 「平和の九条」と呼ばれる良心回路が取り付けられ、戦争行為を禁止させられていた。 悪の組織キタチョンや悪の帝国キョーサ..
Weblog: しゃも(鶏)が「勝手に解説するぜ!オイコラ聞けよ!」
Tracked: 2006-03-25 13:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。