2005年01月14日

またNHKか

近頃何かと喧しさを増している感のあるNHKに
またまた問題が起きている。

2001年に放映済みのNHKの番組を巡って、
自民党の安倍晋三と中川昭一という2名の政治家が、
何やら介入をしたらしいという話がある。
番組に出ていたらしい市民団体や、
担当プロデューサーは、介入の事実を認めているが、
NHKや名指しされた安倍中川両氏は
それぞれに介入の存在を否定している。

両者の言い分は真っ向から対立しているわけだが、
介入の事実があるにせよないにせよ、
一つだけ重要なことは、NHKという放送局は、
こと政治にまつわる報道となると、
結局のところ「大本営発表」式のことしかできず、
ジャーナリズムを名乗る資格がないということだ。

NHKは単なる「フィルター」としての存在であり、
そこには「お上」の介在が常にある。
だから、この放送局の報道は、ほとんどの場合、
「大本営発表」の域を出ないものとなっている。

NHKが、自分たちのやっていることを
「ジャーナリズム」と自称したいのであれば、
まずは「お上のフィルター」であることを
金輪際止めると宣言してからにするべきだ。

あらゆる政治権力や勢力から独立し、
公正中立を謳う報道機関になりたいと思うのなら、
(というより、放送法で求められているではないか)
「お上のフィルター」としてのNHKの存在を
自己批判するところから始めた方がいい。

それが出来ない限りは、
NHKに「公正中立」などあり得ない。
posted by KAZZ at 20:38 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ・メディア
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。