2005年01月21日

バカなことをしてくれた朝日新聞

朝日新聞が、NHK番組を巡る自民党議員の関わりを「圧力」と報じ、
それに伴う番組改編があった、という記事を書いて問題になっている。

NHKが実際に安倍や中川から圧力を受けたのか、
それが番組内容にまで影響を及ぼしたのかということはさておき、
(恐らく、某かの影響はあったろう。番組が番組だけに)
今回は、この問題を報じた朝日新聞に言いたい。

あなたたちは、何とバカなことをしたのか、と。

だって、そうではないか。
こういう問題は、メディアと政治の関わりにおいて
非常に重要な要素を含んだ問題である。
ということは、いつもにもまして慎重な取材と、
その内容の検証があってこそ、
初めて記事に信憑性が出てくるというものだし、
重みもそれによって付加されるはずだ。

ところが、どうも朝日新聞にそうした行為が
実はなかったのではないかと思えてしまう点が
幾つか散見される事態になった今、
この不幸な新聞は、自分で自分の首を絞めるだけの
哀れな結果を招くのではないかと思う。

つまり、彼らが「スクープ」として暴き立てたことが、
逆に、政治家の報道への介入に対する呼び水として
機能するかもしれない、ということなのだ。

そうなった時、一番困るであろうのは、
他ならぬ朝日新聞社ではないかと思われるのだが、
彼らにそうした意識は全くないようで、
NHKや週刊新潮にケンカを売ってしまっている。

どちらが正しいか、間違っているかの前に、
この種の問題はデリケートであるが故に、
扱い方に細心の注意を払うことこそが
最も重要なことのはずだが、
それさえも理解できずに記事を書かせ、
それを掲載し、発行し、売っている朝日新聞社は、
メディアとして、あまりにも無責任すぎないか。

彼らの思想体系が左寄りであろうが何であろうが、
そのこと自体は別に問題視しないにしても、
今回の問題に関しては、勇み足的な粗末な対応が
あまりにも目立ちすぎている。

それが、ひいては朝日新聞社にとって
重大な致命傷にもなりかねないということを
今一度考え直した方が良くないだろうか。
posted by KAZZ at 19:44 | 島根 ⛄ | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ・メディア
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。