2006年04月24日

あ〜あ・・・

例の竹島周辺海域調査問題。

既に皆さんも御存知のように、
外交交渉を重ねた末に妥協による決着が図られた。

「竹島」外交決着 韓国は勝利を強調 「日本が得」分析も(Yahoo!JAPAN/産経新聞)

韓国メディアの中には「日本が得をした」という見方もあるらしいが、
果たしてそうだろうか。

竹島と日韓:次官交渉妥結 “最悪”回避に安ど 県内関係者「先送り」の声も /島根(毎日新聞)

確かに問題を回避したことはいいのかもしれない。
しかし、結果としてそれ以外に何も話が前に進んでいない
むしろ後退した印象すら覚えてしまう

領土について、日本の外務省は、
これまで真摯に考えてこなかったのではないかという疑念が
どうしても浮かんできてしまう。
竹島の話に限ったことではなく、尖閣諸島にしても、
北方領土にしても、沖の鳥島にしても、
世界に理解してもらうという姿勢が根本的に足りないのではないか。

だとすると、今回の問題の決着も何となくだが理解できる

くどいようだが、今回は何も前進などしていない
ただ、その場に踏み止まっただけでしかない。
いや、ひょっとしたら後退すらしているかもしれないのだ。

その意味で、政府と外務省は戦略を見直した方がいいのかもしれない。
posted by KAZZ at 19:42 | 島根 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 国内政治(領土問題)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

竹島問題
Excerpt: 竹島起点に境界提案か 韓国、日本は拒否方針 (共同通信) - goo ニュース竹島周辺海域の問題について、韓国、日本の外交調整によって海上保安庁の測量船と韓国警備艇とが衝突するという、最悪の事態は避け..
Weblog: おもいつきジョーク
Tracked: 2006-04-26 00:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。