2006年05月12日

本腰を入れるということ

以前、プロレスファンだった私からすると、
あの馳浩副大臣の一角に名を連ねているということは、
何処か感慨深いものがある。
彼はインテリだが、プロレスラーとしての才覚があり、
(今や同僚議員である大仁田厚なんぞより、ずっとプロレスラーとして格上である)
個人的には結構好きな選手だった。

そんな他愛のない前振りはさておき、
その馳浩は文部科学副大臣をやっていて、
このほど副大臣会議の席上で
社会科の教科書に竹島が不法占拠されていると明記してあるのは
小中高で使われる91点の教科書のうち、
たった3点しかないとの報告を行ったそうである。
(竹島問題について触れられているのは、91点中29点)

その件について報じた産経新聞の新聞記事があるので、全文引用してみる。


竹島問題 教科書にもっと記述を 副大臣会議(産経新聞)

<引用開始>

 馳浩文部科学副大臣は十一日の副大臣会議で、現行の小中学校と高校の社会科教科書九十一点のうち、竹島問題を記述しているのは二十九点で、韓国の「不法占拠」を明記しているのは三点にすぎないとの調査結果を報告した。

 各省庁の副大臣からは、「教科書でも日本の領有権を毅然(きぜん)と主張していく必要がある」「日本の固有の領土と、きちんと書くべきだ」などの意見が相次いだ。

 竹島問題をめぐっては塩崎恭久外務副大臣が四月末の副大臣会議で、「竹島は韓国に『不法占拠』されているというのが政府の公式見解だ。『実効支配』という言葉を使わないよう気をつけてもらいたい」と各副大臣に要請していた。

 一方、韓国が竹島の環境保全や鉱物資源調査などに五年間で約四十一億円を投じる方針を表明したのに対し、日本が今年度予算に計上した竹島関連の調査費は千百六十万円にとどまっており、民主党からは「日本も特別予算を組むべきだ」との批判も出ている。


<引用終了>


何だか、情けない思いがするのは私だけではなかろう。

竹島の日も制定され、多少は認知度も高まっただろうと思ったら、
教科書では冷遇されているとは、何ともはや情けない

政府が「不法占拠」を公式見解としているのだから、
やはりそれに従うのが当然というものではないか。
仮にそれで韓国がゴチャゴチャ言おうとも、
日本政府の公式見解に従っているに過ぎないのだから、
別に問題にはならない

むしろ気になるのは、上記記事の後段にあった部分である。
そこだけ抜き出して再度引用してみる。


<引用開始>

 一方、韓国が竹島の環境保全や鉱物資源調査などに五年間で約四十一億円を投じる方針を表明したのに対し、日本が今年度予算に計上した竹島関連の調査費は千百六十万円にとどまっており、民主党からは「日本も特別予算を組むべきだ」との批判も出ている。

<引用終了>


支配についての正当性の有無はこの際さておいて、
韓国は竹島に本腰を入れているというのに、
日本のこのつれなさは何なのだろう

竹島は韓国によって不法占拠されている、
などと口では言うが、実際にそれを明確に態度で示す行為が
果たして行われているのかどうか非常に疑わしい


仮にも韓国の不法占拠を政府の公式見解とするのであれば、
それを元に、どれだけの既成事実を積み上げられるかが勝負であるはずだが、
日本政府は韓国政府に比べて、明らかに及び腰になっている
小泉政権にこの問題に本気で取り組む気がないためであろうが、
口先だけで公式見解を垂れ流すより、
それこそ「実効支配」ができるようにあらゆる角度から努力をするのが、
竹島問題について「本腰を入れる」ということである。

韓国に倣って巨額の予算措置をするとか、外交チャンネルを広く活用し、
竹島(に限らず領土全般の)問題について訴えかけていくとか、
方法論は多数有る。それができないのか、やる気がないのか知らないが、
どっちにしても今のままでは確実に韓国の後塵を拝するだけだ
posted by KAZZ at 19:55 | 島根 ☁ | Comment(4) | TrackBack(1) | 国内政治(領土問題)
この記事へのコメント
 教科書を目にする機会は無いんですが、竹島に対する扱いの少なさは酷いもんですねぇ。占拠されても知らん顔、主張もしないようではどうにもならない。

 プロレスラー議員といえば新人議員相手に挨拶が無いと喚くだけかと思ってけど、こういう事をちゃんと調べてたプロレスラー議員もいたんですね。認識を改めました。
Posted by ボッケニャンドリ at 2006年05月13日 09:18
というより、大仁田が特殊なだけです。

馳はああ見えても真面目な人ですよ。
確か専修大の出で、石川県の星稜高校の教壇に立ったこともありますよ。
Posted by KAZZ at 2006年05月13日 22:30
> というより、大仁田が特殊なだけです。
確かにそうですね。この1人の男のために私もプロレスラーという人達を色眼鏡で見てしまいました。
Posted by ボッケニャンドリ at 2006年05月14日 07:46
プロレスラーのほとんどは
リング上のキャラクターを「演じている」わけですが、
馳などはプロレスラーから政治家にスライドしても
十分にやっていけるキャラクターだったために、
政治の世界に行っても特に問題なくやれている
という言い方ができます。

国会議員であるところの大仁田や
岩手県議のザ・グレート・サスケがダメだと思うのは、
リング上で彼らがやっているキャラクターが
リング外に於ける全てのシチュエーションでも
そのまま通用すると思い込んでいるところです。

あと、元プロレスラー議員といえば、
アントニオ猪木がいたんですが、
この人もまた特殊なお方ですから・・・。
Posted by KAZZ at 2006年05月15日 01:52
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

竹島は隣国理解に格好の教材かも・・・
Excerpt: 産経新聞の記事です。小中高の社会科教書91点のうち、竹島問題の記述があるのは29点で、さらに韓国の不法占拠を明記しているのは3点しかない・・・と、馳浩文部科学副大臣が副大臣会議の場で調査結果を報告した..
Weblog: 塾講師が考える教育NEWS
Tracked: 2006-05-12 21:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。