2005年02月02日

特許

松下電器という会社は、特許という事象について
何か勘違いをしているのではないか。
そして、判決を下した裁判官も。

松下電器の出願した特許を侵害しているとのことで
ジャストシステムの「一太郎」「花子」の発売差し止めと
在庫の廃棄を求めた裁判で、東京地方裁判所で
松下の主張が全面的に認められ、
発売停止と在庫の廃棄を求める判決が出た

しかし、その執行を求める仮処分が申請されていなかったこと、
そしてジャストシステムが控訴する方針とのこともあり、
今月10日に発売される「2005」は支障なく発売できるようだ。

さて、ではいったい、何を以て勘違いなのか。
あくまでも法律論に疎い私の推論なので、
論理が支離滅裂になるかもしれないが、
その点は何卒御容赦いただきたい。

昨夜、この問題が報じられたテレビのニュースを見て思ったが、
この程度の技術を「特許」と言い張ること自体、
私には理解できない。
何せ、ジャストシステム側に言わせれば、
この技術自体、既にマイクロソフトのOSに組み込まれており
特許として出願するには、あまりにもポピュラーすぎるのだという。

別にジャストシステムの主張に拠らずとも、
この程度の技術なら、大なり小なり似たものは世間に存在しており、
それらに対して松下が果たしてパテント料なり何なりを
請求しているのかどうかすら疑わしい。
言い換えれば、その程度の「特許」なのである。
あまりにポピュラリティにまみれており、
つまり、特許としての価値はきわめて薄いと言える。

しかも、争点は実に瑣末で、ヘルプモードを起動する要素が
「アイコン」か「ボタン」かという、ただそれだけの話で、
更に言えば、2年弱前には同様の訴訟で松下が敗訴したばかりである。
それはそうだろう。あれだけポピュラーになった技術である。
今更それを特許侵害だというのであれば、
同様の訴えを他にも起こせるはずではないか。

なのに、今回はそれが認められてしまった。
技術としては既に広範なものであるとするジャストシステムの主張も
まったく受け入れてもらえなかったという。

このように、最初は独自技術だったかもしれないが、
既に陳腐化が進行した段階で特許として認可されることもおかしいし、
そうした現状にある本件の特許権をタテに取って
「特許侵害」を声高に主張する松下のやり方もおかしい。
更に言えば、一度は松下の訴えを退けた裁判官が、
なぜ今回、同様の訴訟で180度正反対の判決を出したのか。
その根拠の構成が理解できかねる。

更に言うならば、ソフトウェアの技術に関して、
基本的且つ広範に流通している部分に関しての
公共財としての共通利用のプラットフォームを
広く構築することで、技術情報の共有と進化を
より早く進めていくことが求められている。
独自技術の保護は大事なことである一方、
それがデファクトスタンダード、
つまり事実上の標準となった段階にあっては、
それだけを声高に主張することは、
却って企業の公共性に対する意識が狭いと
受け取られかねないことになる。
マイクロソフトのウィンドウズなどは
手っ取り早く言えば、そのことを最も問題視されている。

松下が企業利益の保護を考えたいのであれば、
なぜジャストシステムだけでなく、
他に同様の技術を流用しているメーカーを訴えないのか。
これではまるで、ジャストシステムに対するイジメではないか。

どうやら、松下は企業利益さえ保護できれば、
今や一般化した技術の進化を止めても平気らしい。
企業の体質として、如何にも後ろ向きで閉鎖的な発想だ。
公共に対する寄与が、彼らの頭からは欠落している。

こんな会社が日本を代表する電気機器メーカーだというから、
ちゃんちゃらおかしい。
posted by KAZZ at 20:15 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内事件・社会
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。