2006年06月16日

トホホなお方のトホホな意見広告

田中康夫も相当に問題のある知事だが、
それを擁立した御仁もまた、相当に問題がある
と思われる。
まずはこちらの記事から見ていただこう。
全文引用する。

茅野實氏:田中知事に異例の意見広告 本日付地元紙で「退場」求める /長野(毎日新聞)

<引用開始>

 ◇茅野氏「目覚まし時計を止めましょう」

 鳴りやまぬ「目覚まし時計」をもう止めましょう−−。田中康夫知事の「生みの親」で、元八十二銀行頭取の茅野實氏(73)=県環境保全協会会長=が、信濃毎日新聞に田中知事を批判する意見広告を掲載することが14日、分かった。県民に田中知事の“退場”を呼びかける内容で、15日朝刊に掲載される。こうした意見広告が知事選告示を間近に控えたこの時期に掲載されるのは極めて異例だ。【川崎桂吾】

 茅野氏は00年知事選で田中知事を擁立した立役者の一人で、知事を「民主主義の目覚まし時計」と評した。しかし、その後は県政運営などをめぐり知事と対立。05年3月には知事後援会である「しなやか会」を退会している。

 意見広告は茅野氏の個人名で掲載される。内容は田中知事が「利権集団との癒着を断ち切ったのは見事」と評価。一方で02年の出直し選以降、「何をやっても許されるというような言動が目立ち始めた」と指摘。泰阜村への住民票移転問題が、見限るきっかけになったことを明かした。

 その上で「公私の区別なく自分のやりたいことをやり、意に添わない人を切り捨てる行動から、どうして真の県民益が得られましょうか」と指摘。「組織を動かして改革を実行するリーダーが必要。鳴りっぱなしの目覚まし時計を県民の力で止めたいのです」と呼び掛けている。

 県政を巡る意見広告では以前、山口村の越県合併問題で文化人らが「合併反対」の立場で掲載。今年3月には知事選グループ「けやきの会」も広告を出しているが、いずれも団体名での掲載。内容も特定の個人を対象にしたものではなかった。

 茅野氏は取材に対して「田中知事を擁立した経緯があり、私が本気で田中県政に反対しているか、疑問に思う人がいた。意見広告を出すことで、はっきりとさせたかった」と話した。

毎日新聞 2006年6月15日


<引用終了>

いやまあ、無責任というかトホホというか・・・

この茅野という御仁には責任意識が全く存在しないらしい。
仮にも田中康夫の擁立に於ける中心的存在だった御仁が、
「転向」して批判をぶちまけているのだが、
批判の内容はともかくとして、この胸糞悪い強弁ぶりからは、
茅野自身も長野県政に混乱をもたらした一因となったことへの
責任を自らに問う言葉は聞こえてこない


この後ろ盾にして、あの知事あり、というヤツだ。

こんな能天気で無責任な御仁が、
御意見番を気取ること自体がお目出度い

何が「目覚まし時計を止めろ」だ。
そんな寝言は寝てから言え

何なら田中と一緒に退場してくれてもいいのだが。
posted by KAZZ at 01:06 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 田中康夫長野県政
この記事へのコメント
KAZZ 様
 暫くです。
 先ほど、「老害よさらば!!」http://www.avis.ne.jp/~cho/chsa.html
をアップロードしました。その中で、勝手に引用させていただきました。

Posted by 長 尚 at 2006年06月17日 21:47
長先生、御無沙汰しております。

>先ほど、「老害よさらば!!」http://www.avis.ne.jp/~cho/chsa.html
>をアップロードしました。その中で、勝手に引用させていただきました。

はい、先程拝見しました。

例の意見広告が却って逆効果にならなければ良いのですが。
Posted by KAZZ at 2006年06月18日 09:23
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。