2005年02月18日

自社株主に歓迎されざる「人生最大の決断」

ライヴドアの社長である堀江貴文という御仁は、
自分が企業経営者であることを、どうやらお忘れの御様子だ。

御存知のように、このところライヴドアは
ニッポン放送の株式取得と、それを端緒とした
フジサンケイグループに対する影響力確保戦略で
大いにマスコミを賑わしている。

堀江本人は長期戦を覚悟してまでも
「業務提携」という名の「企業(グループ)支配権確保」、
つまり「乗っ取り」を図ろうとしているわけだが、
そういった動きはどうやら自社の株主からは嫌忌されているようで、
6日間連続でライヴドアの株価自体が値下がりを続けているという。

そういえば、近頃堀江のお友達に名を連ねているらしい、
ニッポン放送の大株主でもある投資家の村上世彰とやらは、
「株主にとって高く株を買う人は神様」というような
愉快な発言をしていい気になっているようだが、
どうせなら主語である「株主」の前に、
「投機的取引にしか興味がない」という形容でもつけたらどうだろう。
そうしないことには、ライヴドア株が連日値下がりしていることへの
辻褄が合わないのではないか。

そもそも、今回の株式買い付けには、明確な大義がない
なぜフジサンケイグループでなければならず、
なぜニッポン放送でなければならないのか。
堀江からの明確な説明は未だにない
仮に、フジテレビが現在遂行中の公開株式買い付け(TOB)が
成功してしまった場合、そしてそれに対する対抗策も
ことごとく空振りに終わってしまった場合、
堀江は如何なる責任を自社株主に対して取るつもりなのか。
それさえも明白になっていない

これでよく企業買収ができるものだ。
経営者として、あまりにも無責任すぎやしないか。
ITベンチャーの小さな会社を買収するのとは、
今回のケースや昨年話題になったプロ野球球団買収のようなケースは
まったく話の規模も意義も違うのである。

結局、堀江のやっていることは、
ただのゲームみたいなものであって、
ライヴドアのお人好しな株主連中は、
堀江のゲームにつきあわされているだけでしかない。
ライヴドアの株主は、こういう経営姿勢を本気で許すのか?

実際に許さないという態度が表明されているからこそ、
ライヴドアの株価は連日下がっているのではないのか?
企業買収も結構だが、その前に自分の足元をもう一度
キッチリと見つめ直した方が良くないか?

まあ、堀江にそんなことができるのなら、
とっくの昔にそうしているのだろうけれども。
posted by KAZZ at 20:09 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴドア
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。