2006年07月05日

北から南から

<1>まずは北から

北朝鮮ミサイル:6発を発射、日本海に落下
北朝鮮ミサイル:7発目を発射、日本海に落下 防衛庁発表
北朝鮮ミサイル:国連海洋法条約違反の可能性
北朝鮮ミサイル:狙いは日米に揺さぶり(以上、毎日新聞)
列島脅かす6発、暴挙「許せない」
北朝鮮、夕方に7発目を発射
北のミサイル発射、危機的状況高め米を揺さぶる狙い
韓国の情報当局高官「発射したミサイルは10発」
北の強弁「ミサイルは自衛手段」一方で外交カードにも
「あきれた国、世界中が北へ圧力を」横田早紀江さん
露外務省報道官「ミサイル発射、信頼構築に反する」
「自衛発射」北が強弁、「合意文書に拘束されぬ」強調
北ミサイル、発射はICBM級10発か…露軍参謀総長(以上、讀賣新聞)

何だか知らないが、ミサイルのバーゲンセールでもやりかねない勢い
北朝鮮が各種ミサイルを7発だか10発だか発射したらしい

日本を揺さぶり、アメリカを米朝協議の場に引きずり出したいなどという
見え見えの魂胆
があるものと思われるのだが、
それにしてはやり方が稚拙というか、バカバカしいというか

トンデモ国家のやることは、我々凡人には理解できかねる
よほど他にやり方を知らないものと思われるが・・・。

まあ、国際社会から突き上げを喰らって終わりというところだろう。
かくて彼らの目論見は達成されずに終わってしまうことになると。

<2>続いて南から

韓国海洋調査船:竹島周辺に到着 海保、調査中止を要求
韓国海洋調査船:「竹島周辺、今日中に終了」(以上、毎日新聞)

北のミサイル問題は、ひょっとしたらこの一件を覆い隠すための
アシストじゃないかと思われる
ぐらい忘れ去られているが、
日本のEEZに突入してあれこれやろうとしている韓国に対しても、
日本は毅然とした態度で臨まなければなるまい


もちろん、ミサイル問題はミサイル問題で強調しなければならないが、
だからといってこの問題をお座なりに解決してはいけない

それにしても、北も南も何をやってるんだか・・・。
posted by KAZZ at 20:05 | 島根 ☔ | Comment(2) | TrackBack(1) | 海外政治
この記事へのコメント
 北朝鮮、人にたとえれば大きな組に小遣いもらってるチンピラみたいなもんでしょう。それをいつまでも普通の市民として扱おうとしてる、もしくはそう思い込もうとしてるのがいけないと思いますね。

 話し合いでなんて先延ばしにしてる間にミサイルの部品は日本製だったり竹島には色々と建物が建ったりと、いい加減にチンタラ・モードはやめて欲しいですね。

 これを解消するには「今までの日本は間違ってました」とやって人心一新するのがいいのかな。
Posted by ボッケニャンドリ at 2006年07月07日 09:19
全方位外交の残滓みたいなものが、
今も日本の外務省にはあるのかもしれません。
それが効果を現す時もありますが、
多くの場合は日本の立場を拙くするだけのような。

メリハリのある意思決定がないと
国際社会からナメられ、疎外されるだけです。

>「今までの日本は間違ってました」とやって人心一新するのがいいのかな。

人心を左右どちら側に振って一新するかによりますね。
Posted by KAZZ at 2006年07月07日 19:12
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

北のミサイル発射と平和ボケ
Excerpt: 早朝のニュースで、北朝鮮がミサイルを発射した事を知りました。最初3発と伝えていた
Weblog: 株で毎週5万円のお小遣いを目指す。税理士バッキーの日記帳
Tracked: 2006-07-05 21:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。