2006年07月12日

北朝鮮に足下を見られて困るのは誰か?

北朝鮮ミサイル:制裁決議案、反対の立場明言 韓国外相(毎日新聞)

この期に及んで、まだこんな寝惚けたことを言い続ける韓国政府は、
最終的に自分たちが貧乏くじを引いても平気でいられるような
ツラの皮が厚い連中らしい

よほど「対話主義」に自信をお持ちらしいが、実際はどうかというと・・・

ミサイルで韓国が「遺憾」表明…北はコメ支援を要求(讀賣新聞)

案の定、ナメられて、このような態度に出られている
彼らが北朝鮮に対して標榜している対話主義」の成果が、これなのだ。

思想こそ違えども、南北朝鮮は仮にも同一民族の隣国だろう。
だったら、北が暴走しようとしている時こそ、
穏やかな話し合いばかりに頼らず、
厳しく諫める姿勢を見せることも大切ではないのか


それをしないから、こんなことになる。

韓国は仮に近い将来、自国の領土・領海内に
北からのミサイルが落ちるようなことがあってもまだ、
ヌルい対話主義を貫こうとするのだろうか


要は、北朝鮮に足下を見られて困るのは誰なのか、という話だ。

日本はそうされないために意思表示をしている
「先制攻撃論」ばかりがクローズアップされているきらいはあるが、
それぐらい考えないと足下を見られるばかりで問題解決が図れない
という事態を防ぐために、敢えてハッタリをかましている部分もある。

そもそも、誰も実際に「先制攻撃をする」とは口にしていないし、
その際の仮想敵国に韓国を指名したこともない
だいたい憲法解釈の問題もあるために、実現可能性はきわめて低いのだ。

それをやれ「侵略主義だ」、「軍事大国化だ」だのと
表層的な意見しか言えない韓国は、安全保障を語る資格などない
とっとと北朝鮮に併合でも何でもされればいい
まったく、とんだ誇大妄想でバカバカしくてつきあいきれない

危機感を発露する対象を間違え続けて、
気がついたら韓国は北に攻め落とされました、
なんてことになっても、誰も助けてなどくれない

事態をろくに見ようとしないで戯言ばかり言っている彼らの責任だからだ。

そのような事態に陥らないためにも、
日本は他の国々と緊密に連携を取って、
主張すべきはしっかりと主張した上で、
事態を推移させていくしかない
のだ。
posted by KAZZ at 20:38 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 海外政治
この記事へのコメント
韓国政府に対して強い憤りを持っているようですが、実際に北朝鮮のミサイルが落ちたのはロシア側の海域で、日本政府や、日本人が強く反発する必要はないと思います。むしろ強く反発するのは、日本がいざ戦争になったときに北朝鮮を倒すだけの攻撃力、防御力を持っている自信の表れではないでしょうか。つまり、日本の挑発だと言うことです。どうでしょうか。
Posted by イエイエ at 2006年07月12日 22:38
>実際に北朝鮮のミサイルが落ちたのはロシア側の海域で、日本政府や、日本人が強く反発する必要はないと思います。

今回はたまたまロシア側の海域に落下したわけですが、
ミサイルの射程距離とかを考慮した場合、
やはり日本にも文句を言う権利はありますよ。
だって、まかり間違えば、より日本に近い場所に
ミサイルが到達していた可能性だってあるんですから。
それでも文句を言うなと仰るのですか?

>むしろ強く反発するのは、日本がいざ戦争になったときに北朝鮮を倒すだけの攻撃力、防御力を持っている自信の表れではないでしょうか。

今の自衛隊にそんなものがありますか?
あるとすればむしろ米軍の力をかなり大きく借りた場合だけです。
つまり、自衛隊単体では防御ぐらいはできても、
攻撃については相当に難しいだろうと考えられますよ。

>つまり、日本の挑発だと言うことです。どうでしょうか。

どうもこうもないですよ。
確かに「先制攻撃云々」という文言には多くの危険性も存在するでしょう。それは否定しません。
恐らく、上記エントリに書いたように、容易には実現しないと思いますよ。
それに、できるなら、そんなことはしない方がいいに決まってます。

しかし、あちらさん(北)は、日本がそんなことを言い出す前に
実際にミサイル撃って手ぇ出してるわけですよ。
そうなった場合、何処に落ちたかとか、そんな問題ではないのです。
ミサイルを撃ったという行為をこそ、問題にしなければいけないのですよ。

そもそも、ミサイルは撃たないと約束をしていたにもかかわらず、
北はそれらを無視する形でミサイルを発射したのですよ。
そのことは、日朝平壌宣言でも謳われてましたよね。

随分と呑気な御意見をお書きになられているようですが、
日本が再び戦火に呑まれてからでは遅いのだということを
もう少し強く認識された方がよろしいかと存じます。
Posted by KAZZ at 2006年07月13日 00:25
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。