2006年07月19日

韓国に利用されなきゃいいけれど

まず、こちらの記事を御覧いただこう。
全文引用する。

来週、竹島上陸を計画=外国特派員協会(Yahoo!JAPAN/時事通信社)

<引用開始>

 日本外国特派員協会(東京・有楽町)所属の記者ら16人が来週、日韓両国がそれぞれ領有権を主張している竹島(韓国名・独島)への上陸を計画していることが19日、分かった。16人のうち2人は日本人。天候次第だが、24日の上陸を目指す。
 同協会によると、韓国入りしてから島へ向かうため、日本の外務省から「韓国の領有権を認めることになる」と中止要請があった。しかし、「純粋に中立の立場から問題の島を自分の目で見る」ことが目的として、予定通り実行するという。 
(時事通信) - 7月19日16時1分更新


<引用終了>


竹島上陸はいいとして、韓国入りしてから、というのが引っ掛かる。
そのことを韓国政府のいいように利用されたりしたら
純粋に中立の立場」を標榜する彼らは如何にして責任を取るのだろうか
そこのところを明確にしなければ、とても「純粋に中立の立場」という
彼らの言い分を信用するわけにはいかない
posted by KAZZ at 20:29 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(領土問題)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。