2005年02月23日

フジテレビに出し抜かれたホリエモン

ニッポン放送株を増資することによって、
フジテレビに対して行使できる議決権を復活させる。

ライヴドアは、フジテレビがTOB目標を25%超に引き下げて
ニッポン放送のフジテレビに対する議決権消滅を狙う策に出た際に、
こんな対抗策を打ち出していた。

そして、ニッポン放送は新株発行を前提にした行動に出る。
但し、ニッポン放送主導で、その新株予約券の引受先は、フジテレビだ。

ライヴドアが時間外取引という「裏技」で勝負に出てきた以上、
フジサンケイグループも対抗手段に「裏技」を持ってきたような形だ。

今回のフジテレビ・ニッポン放送の方策が、良いか悪いかはさておき、
堀江はさぞ驚いたのではないか、とは思う。
自分が「やるぞ、やるぞ」とブラフをかけるつもりで繰り出した策を、
よもやフジサンケイグループがやるわけがないと
タカをくくっていたに違いない。それをやられてしまったのである。

もし、実際にこれらの新株予約券が全て行使されれば、
ライヴドアの敗北は事実上確定し、フジテレビとニッポン放送は
企業としての面目はひとまず保てることにはなる。

但し、こうした騒動を起こした責任を免れることは無理だろう。
フジテレビ、ニッポン放送両社トップの責任はきわめて重大だ。
下手をすれば、両社取締役の総入替だってあり得る。
それほど両社現行経営陣の責任は重いものなのだ。

一方の、ライヴドア。

ライヴドアが資金調達先として話を持ちかけたリーマンブラザーズ証券は、
自社に有利な条件をつけた上で、ライヴドアに資金提供をした。
今や、LB証券がこの争いにおいて一人勝ちするであろうというのは
常識的観測結果となりつつある。
フジテレビも、ライヴドアも、度合こそ違えどそれぞれに傷を負うだけで、
LB証券はまったく無傷で、ただ得だけをするというわけだ。

ライヴドアはLB証券の行動に一定の歯止めをかけている、
と説明してはいるが、それは果たして本当にそうなのか。
LB証券にもLB証券なりの運営ポリシーは存在するのであって、
まして利潤追求に非常に厳しい外資系証券会社は、
何をおいても利潤を追求する方向性をとろうとするだろう。
そうなった場合、本当にライヴドアの「歯止め」など役に立つのか。

正直言って、もうここらで勝負を下りた方が良くはないか。
今のままで突っ張り続けていれば、ライヴドアが破綻してしまうだろう。
その時、堀江社長以下の経営陣は、既存株主に対して、
この顛末をどう説明をするつもりなのだろう。
posted by KAZZ at 19:54 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴドア
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。