2006年07月26日

違う意味で意図的だと思う

最近、何かとパッとしないTBSであるが、
久しぶりに「やってもうた」ようである。

TBS:ニュース番組で安倍官房長官の写真映る、謝罪(毎日新聞)
TBSが謝罪、安倍官房長官の写真を誤って放映(讀賣新聞)
TBS、旧731部隊特集で安倍長官の写真映す(産経新聞)
TBS“偏向映像”放映…今度は安倍を狙い撃ち(夕刊フジ)

夕方のニュース番組の中で、旧731部隊の特集をやろうとした際に、
安倍晋三の顔写真のパネルを3秒間映してしまった
らしい。
これが、安倍の印象を著しく落とすための「意図的な撮影」だと言われている

と言っても、私はその映像を実際に見たわけではないので断言はできないが、
その程度で安倍の印象を落とせるわけではなかろう
TBSの言うように、恐らくただの偶然であると思われる。

但し、TBSには別の意図があるのではないか。

その「別の意図」とは、平たく言えば「話題作り」である。

今のTBSが置かれている状況を考えてみればいい。
楽天との提携交渉は意味もなく延長を繰り返し
番組の方はというと、もはやほとんど話題にさえ上らない
せいぜい、みのもんたが朝やっている番組が
たまに話題になる程度。そんなもんである。

そのような状況では、彼らが大切に思っているらしい視聴率も
年々低下の一途を辿っていき
、そのうちテレビ東京の後塵を拝するのも
確実な情勢
になってきていよう。

そうなることを恐れて、どんなことでもいいので
とにかく「話題」を提供することでTBSを見てもらいたい

などと考えているのではなかろうか。

しかしながら、その程度のことでしか話題を提供できない辺りに
TBSのメディアとしての行き詰まりが見えてしまう。

数年に一度、不祥事の花火を打ち上げては話題をさらってきたTBSも、
もはや不祥事さえもジリ貧状態なのである。

どうやら、テレビ東京の気配は確実に彼らの背後に迫ってきているようだ。

もういっそ、キー局で最下位になって、
ついでに楽天にでも買い取ってもらって、
ゼロから出直した方がいい
のではないか。
ほぼ全部刷新して、全く別のTBSでも作った方が
いっそ視聴者にはわかりやすい
と思われるが・・・。
posted by KAZZ at 20:31 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ・メディア
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。