2006年08月02日

それでいいのか?

靖国神社:A級戦犯の分祀検討へ 日本遺族会(毎日新聞)

富田メモが出てからというもの、
何だか知らないが、これを大した検証もせずに
政治的なメッセージに利用しようと思っている連中が多い


古賀誠もまたそういう輩の1人である。

この御仁、日本遺族会の会長という身分でありながら、
そんなことを言い出している。
何を考えてそのようなことを言い出すのか、理解に苦しむ

それでいいのか? どうなのか?

何より、仮にそのメモが正当なものだったとして、
果たして天皇陛下のお言葉を政治的に利用することは
本当に正当なことなのだろうか?


政治から離れた場にいらっしゃる天皇陛下のお言葉を
そのような形で政治的に利用することはフェアではない

ということが、どうにも理解できていない気がするのだが・・・。
posted by KAZZ at 20:26 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(その他)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。