2006年08月04日

イスラエル、ひたすら暴走中

イスラエルという国は、ある意味、北朝鮮より危険だ。

レバノン攻撃をどんどん拡大させている。
目当てはレバノンという国そのものよりも、
むしろレバノンで一大勢力を築いている
イスラム教シーア派組織「ヒズボラ」にある
ようだが、
それにしても、その勢いは留まるところを知らない

ベイルートでの空爆拡大=ヒズボラ指導者の警告無視−イスラエル軍(Yahoo!JAPAN/時事通信社)

もはやイスラエルも引くに引けないのだろうが、
それにしても、この状況はちょっと常軌を逸している
宗教的な対立など、様々な複合要因があるとはいえ、
イスラエルがここまで頑なに攻撃ばかりしたがる理由がわからない
対話のチャンネルを持とうとせずに、このような攻撃を続けることは、
却ってイスラム国家を煽り立てているだけのような気がしてしまう。

何故自重できないのだろう
何故理性のある行動ができないのだろう

たぶん、アメリカという大きな後ろ盾があるのをいいことに、
一歩も退く構えを見せなくても良いと思っている
のだろうが、
アメリカもイスラエルの斯様な行動に、
もっと厳しく対処すればいい
ではないか。
それができない時点で、アメリカもイスラエルと同罪ではないか

この先も引き続き攻撃に遭って亡くなる無辜のレバノン国民が
更に増えてしまうのかと思うと、とにかく残念でならない

いったい、イスラエルの暴走は、いつ、どういう形で止まるのだろう?
posted by KAZZ at 20:24 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 海外政治
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

気になるニュース:イスラエル、レバノン攻撃
Excerpt: 亀田戦や、変態教祖、女性監禁などのニュースの陰に隠れてしまっているが、「イスラエル、レバノン攻撃」のニュースが本来は一面を飾らなければならないと思っている。 日本では対岸の火事レベルでしか傍観してい..
Weblog: 音楽と映画とMacな日々
Tracked: 2006-08-04 22:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。